円山原始林

Inagaki katsuhiko @tas3cdw 氏が、札幌市 円山原始林のお写真を11点連続ツイートなさっていた。 巨木 pic.twitter.com/S3KJJ0JkPy — Inagaki Katsuhiko (@tas3cdw) 2017年8月3日 そのうちのひとつ: ここは開拓前の植生が残されている。いかに豊穣な地であ…

アッンブラ!

「強引に意地を押し通す」の意味の「張る」を、複合動詞の第2要素として使う例は「言い張る」以外にあるだろうか?「発音し張る」という言い方はあるだろうか? (無ければ私が作ればいい) ひとり「デイヴィド・アッテンバラ」と発音し張り、表記し張るのに…

Syd Barrett、Donovan、そのほか ※加筆改題※

Syd Barrett "The Madcap Laughs" (1970) では、2曲目 'No Good Trying' の歌メロの出だしの動きが最高にかっこいいと思った。 ド→シ→シ♭→低いド、2つの短2度(最も狭い順次進行)に続く、短7度のいきなり幅広い跳躍進行。 シ♮で長音階を開放的に響かせ、直…

2ショット

一時期、中村有沙さんが本当に好きだった。プラズマ界アンダーワールドの女王様だった頃。 基本、グラヴュアって、カメラレンズ=読者の眼で、アイドルと読者とが1対1で見つめ合うものだと思うんだけど、あるアイドル雑誌のある号のグラヴュアが、中村有沙×…

NHK 北海道クローズアップ 動き出したアイヌ遺骨問題

極私的メモ。 NHK 北海道クローズアップ 動き出したアイヌ遺骨問題 2017年07月14日放送 YouTubeに上げて下さっているのを拝見しました。限定公開の動画で、みだりに共有して良いものか判断出来なかったので、リンクは貼りません。 1か所、腑に落ちないナレー…

#0709SHINJUKU

言葉を粗末にする奴は許さない。 政治は言葉だ。言葉が通じない奴が政権についてしまったので、デモに参加した。「デモなんか意味が無い」と仰る方がいらっしゃると聞いた。 「私」は眠ってないし諦めてないしいざとなればいつでも行動する、と文字通りデモ…

昨日の続き

昨日のドビュッシーのヴァイオリンソナタの話 shinkai6501.hatenablog.com の続きです。 第3楽章では、16分の9拍子の性急な舞曲が繰り広げられます。 etc. フィナーレの最後、ピアノパート B´ は、パッと聴き、この舞曲のヴァイオリンパートを受け継いでいる…

参照と連想 ※ちょっと加筆※

www.youtube.com www.youtube.com この2曲は、メドレーでもあるし、モティーフ的にも繋がりがある。 すなわち、'The Light Dies Down On Broadway' のイントロの gis-fis-cis-fis が、'Riding The Scree' のコーダ(3'35"~)で、音価を変えて、 と再現され…

メロディについて

この御ツイート たぶんコード(和声)やスケール(音階)について語る人は多くても、メロディ(戦慄、じゃないよ旋律)について語る人が少ないのは、実戦の世界でメロディを奏でる・創るという作業は、その人が内面にどんな語りたい世界(コスモロジー、かな…

#初デート映画

映画はデートコースじゃない。1人で出掛けて、作品と1対1で向かい合うものだ。関係を結ぶのは「私」と「作品」とだ。隣席の彼氏とじゃない。赤の他人ならいないものと扱えるが、知人に隣に座られたら、どうしたってそこに関係が生じる。彼氏は、作品への集中…

エストニア・プログレ(カケレコさんの御記事)

kakereco.com 「バルト3国」と一括していうけれど、ラトヴィア、リトアニアはスラヴ-バルト語派、エストニアはフィン-ウゴル語派。 このカケレコさんの御記事、視聴動画にはヴォーカル曲も2曲ありますが、たしかに歌詞の言語がスラヴとは違う響きに聴こえま…

ロック

私は初めから「プログレッシヴ・ロック」ファンだった。「プログレ」や「オルタナ」をネタに、ロックの定義、ロックであるための条件を考え続けてきた。 私のアプローチが、よりロックの核心を突く場合もあるかもだけど、ぎゃくに一面性に陥ることが多いだろ…

#楽器の日

当ブログは音楽ブログのくせに「楽器」をテーマにした記事が皆無だ。 いちばん欲しい楽器はチェレスタ。 www.celesta-schiedmayer.de お、黒よりナチュラルの方が安いのか。ラッキー。 ヤマハは56鍵。 チェレスタ・鍵盤グロッケンシュピール - ヤマハ株式会…

寝覚め

目覚めた時、「絶望」に近い気分に支配されてることがある。 何が絶望させてるのか、何への絶望なのか、説明のつかない、でもどうしようもなく救いのない気分。 普段、無意識は気付いてて、でも押し隠してる、人生の実相が、目覚め直後の、鋭く澄んだ意識、…

日記

私は少年。ショッピングモールまで出掛けて、帰途に就くが、ワゴン車が路側帯を塞いで駐車してて通れない。と思ったらそれは柵で、くぐって通り抜けられるかな?と思うが、柵の向こうに工夫(こうふ)が1人いて、通れない、と言う。ショッピングモールの一画…

返信

詩を教えて下さってありがとうございます。 感動したのは、言葉の力にここまで深く動かされるということが稀だから、そしてこれをわざわざ届けて下さったのが嬉しいから、です。 d-score 楽譜 - 作曲白秋民謡集「あの頃」 北原白秋 「詩」とはこういうことな…

四姉妹

友人宅で、いつもは1頭1頭のしぐさにズームアップして見てるんだけど、 今日は、4頭のフォーメイションが刻々変わるのをぼんやり眺めてた。 トラペジウム や座 レチクル座 こと座! こと座がいちばん好きな星座なのは、造形そのもの、ヴェガの輝きそのものの…

よわい

密秘さんに 「弱点」「攻略するならこのポイントから」 心惹かれる対象を持つとき、その対象に「よわい」という言い方をする場合がある。 本来つよくあることを期待されるから、それに沿えず「よわい」と評価される。 「主義」の「意識」で叙情派シンフォへ…

落ちる夢

「落ちる夢」を2回たて続けに見た。物理的に落下する夢じゃなく、2つの夢がそれぞれに含むシーンが「落ちる」のテーマで括れる。 と文章を頭の中で練り始めたところまでが夢。イメージ豊かな記事を書けるはずだったが具体的に思い出せない。ワンシーンだけ、…

レトリック

前回の記事、最初文案がトータルで頭の中に降って来た時、多岐に亘るし分量も多いけど、勢いで一気に書けそうな感触だった。 ところが、準備作業が多かった。打込み(ごく簡単なものとはいえ)、SoundCloud へのアップ、ワールドのスクショ、なにより手こず…

ピグワールドをめぐるあれこれ ※追記しました※

ピグワールドの「もようがえ」(建物やデコレーションで街の景観を作ること)に凝り始めた。そうすると、ピグワールドが現実の雛型というより、ぎゃくに現実風景が「ピグワールドっぽい」と見えてくる。これは現実と虚構が私の中で逆転し始めた、危ない兆候…

続・ふいんき ※加筆しました※

イメージが書法を決めるのではない。書法がイメージを決めるのだ。 自然の印象を音楽に置き換える「描写音楽」に興味がない。 その置換が可能だとも思ってないが、仮に可能だとしても、 自然が表層に見せている現象をなぞることに興味がない。 現象を成り立…

チェリビダッケ、耳を澄ますテンポ ※加筆&改題※

チェリビダッケ/シュトゥットガルト放送交響楽団のドビュッシーとラヴェル、4枚組CDがあった、とまた叔母の書斎の記憶で申し訳ない。 これです。 www.hmv.co.jp うち1枚分が『海』のリハーサル風景だった。 完全主義者チェリビダッケと、ものすごく高性能と…

単位

いつだったかスキージャンプの実況で「89メーターごじゅう」という表現を聞いた。 「ごじゅう」とは何ぞや?? いっぱんに、1つの値を、2つの単位を付けて表現することが多い。これは日本語特有の表現だろうか? 「1メートル50センチ」とか。 これはたんに私…

ふいんき

雰囲気が悪なのではない。 特定のシテュエイションに結びついた、例えば「伊勢神宮の棟持柱の死角で人知れず欠伸をするロバート・スミスのような雰囲気」であっても、もっと漠然と捉えがたい「雰囲気」であっても。 問題は作曲における手順だ。 「作曲」は「…

Buddy Guy with Jack Bruce and Buddy Miles 'Mary Had A Little Lamb'

バディ・ガイをほぼ知らないのですが、3年前、のぶはる氏がこちらの御記事 ameblo.jp で紹介下さった動画の1曲目にびっくりしたのでした。 ブルーズの定型「12小節」 ⅠⅠⅠⅠⅣⅣⅠⅠⅤⅣⅠⅠ の最初4小節を端折って、8小節 ⅣⅣⅠⅠⅤⅣⅠⅠ でリフレインする構成の曲というの…

4度

「音楽にsus4の解決を持ち込むな」は私のスローガンだけど、「sus4」がダメなのではなくて「の解決」がダメなのだ。常套手段だから。 4度への好みを、私は強く持ってる。 子どもの頃、「ドミソ」の和音にもう1個音を足すとしたら、 の、 1「ドレミソ」は、地…

音楽の基本要素

音楽の基本3要素はリズム、旋律、和声、と義務教育で聞かされる。この説をまともに採用する楽典があるか知らない。 厳密でもないし、音楽の多様な在り様への目配りも無い。 「旋律」は音高と「リズム」で出来ている。一方が他方を要素として含む2つを並列し…

メモ(作曲と演奏、クラシックとジャズ)

私にとって、音楽≒作曲。 クラシックでは作曲者がいちばん偉いに決まってる。演奏者の仕事は、作曲者の意図を正確に形にすることが全てだ。 と思ってるので、私のNHK交響楽団の評価は高い。身近にN響を貶す方が多いと前に書いたが、思い当たるのは、じゃあ逆…

音楽と救い 音楽は救い

「癒し」という言葉を蔑視するのは言わずもがなだが、その私が、音楽に「救われた」と発言することが少なくないのだった。 私が救われるのは、「表現」の対極にある、純粋に音の戯れであるような音楽に。 ハイドンとか。 ある時救われたくてクラウトロックに…