プログレ

Gentle Giant 'Intro 76'

私が初めて聴いた Gentle Giant のアルバムは、2枚組ライヴ盤 "Playing The Fool"(Chrysalis、1977年)でした。 なので、初めて聴いた曲は 'Just The Same' …ではなく、'Just The Same' の演奏が始まるのに先立って会場に流れてるテープの曲でした。 1997年…

メモ(「危機」と『海洋地形学』)

モティーフの関連付けで曲を構成するという時に、いっぽうでは、聴き手あってこその曲だから、聴き手に判りやすくくっきりと示すことが重要、そしてそれが聴き手の「物語のたっぷりとした読後感」みたいなものに結び付く時に初めて意味を持つ、という立場が…

Starless & Bible Black (バンド)

ゼロ年代に活動を確認できるアメリカのバンド。 つべには2009年の 2nd. アルバム "Shape Of The Shape" がフルで上がってるけど、私が好きだった2006年の 1st. アルバム "Starless & Bible Black" は、これ1曲しか見つからない: この動画は、音質が万全では…

Yes 'The Remembering (High The Memory)'

Yes の、4曲から成る "Tales From Topographic Oceans" (1973) の第2曲、'The Remembering (High The Memory)'。 『海洋地形学』愛の深い方でも、この曲は退屈、とおっしゃってたりするのですが、私自身は初めてこのアルバムを聴いた時から愛して已まない曲…

下書き放出

3つの下書きは相互に無関係です。 ① Fulano については、こちらのチャンネルに、全アルバム上がってます: 拙記事: ② "Tales From Topographic Oceans" には2003年リマスター以来2分間のイントロが付きますが、私が最初に聴いたのはそれ以前の、いきなりヴ…

ジャケ買い

Renaissance 'Northern Lights' の歌メロって Rick Wakeman "Journey To The Centre Of The Earth" のパクリじゃないか? 既に言われてそうだけど。 これの 0'16"~と、 これの 3'09"~。 今さらですみません。私は Renaissance*1をあまり知らない。というか…

Daniel Lentz

私なんでこれ知ってるんだろう? どこで見たのかな? 'Luminare' (1986) Video By John Sanborn and Dean Winker Music By Daniel Lentz さっき SHE Ye,Ye さんがこのページ をツイッターでシェアなさってて、ここに↑のつべが貼ってあった。 実家にあった VH…

Fulano ②

1st. アルバム "Fulano"(1987年)から。 3rd. アルバム "El Infierno De Los Payasos"(1993年)から。 ライヴ映像がいくつか上がってる。 これは 2nd. アルバム "En El Bunker"(1989年、前回貼ったやつ)収録曲。データ不明。 Fulano については勉強して…

Fulano ①

Fulano サンティアゴのバンド。前回取り上げた Mediabanda の前身バンド。 音楽学者 Juan Pablo González が言い当てるところによると 「反覇権的折衷主義」。 第1期(1984年~2003年) 1984年、サンティアゴで、Santiago Del Nuevo Extremo というバンドの…

Mediabanda

Mediabanda(チリのバンド)の 1st. アルバム "Entre La Inseguridad Y El Ego"(2004年)から。 Fulano の後身バンドで、Mediabanda というバンド名は、Fulano のデビュー前だったか経歴のどこかの時点でだったかでも使われたことがあると読んだ気がするけ…

Evelyn Glennie

オリンピックを(TVで)観戦したことがない。 ワンシーンも記憶に無い。 どなたか選手を思い出せるかな?とやってみて、まず國母さんというお名前が出て来た。でも試技のシーンは記憶に無い。 2人目は思い浮かばない。 ロンドン・オリンピックの開会式に、パ…

しぎ・チドリ氏の御記事『キャメル:大人の事情というやつ』

記憶はこの上なく曖昧なのですが、むかし The Rolling Stones のおそらく1960年代のとあるライヴ映像で、メンバーの顔アップやバストアップの絵ばかりが続くのに、「いいから Keith Richards の手元を映して!」と苛立ったことがありました。 撮影者にとって…

Opus Avantra "Introspezione"

ベタで済みません。Opus Avantra "Introspezione" (1974) から。 ('Il Pavone' を除けば)1曲も省略できないアルバムから、涙をふるって3曲。 改めて聴き直して、ふと半獣神の午後が思い出された。音的にも、美意識的にも。あきらこさんはもともとはプログ…

Gorky's Zygotic Mynci

1990年代は、Tipographica と Lacrymosa と半獣神の午後のディケイド、という以外、私には見当がつかないんだけど、このバンドは重要かもしれない: Gorky's Zygotic Mynci "Bwyd Time" (1995) から、'Miss Trudy'。 この曲は Euros Childs というメンバーの…

メモ

3つのメモは相互に無関係です。 ① 「#プログレ聴いてもプログレ作れませんよ」といいつつ挙げるのがバルトークのオケコンじゃあ、同じ枠内に留まってるんじゃないですかね? さらにいえば、この言い方だと「プログレを作ること」が目的になってますが、アウ…

Gong "You"

私は「カンタベリー好き」とはいえない。 私が求めてるのは、着想の突飛さ、造形の目醒ましさ、そしてユーモア。カンタベリーの中に、私好みの要素をことさらに見付けて喜んでる。カンタベリーの聴き方としては邪道なんだと思う。 リフが苦手だし、ジャズ・…

聴き方

この曲がどう聴こえてるのか、この人に聴こえてるとおりに聴いてみたい、と思わされる事態に、しばしば直面する。 いったい、この人にとって音楽を聴くとは、何をどう聴くことなのか? 案外、「曲を《モティーフ》処理として捉える」という聴き方は、一般的…

Kate Bush 'Watching You Without Me'

例えば、 「アメーバピグで私がブロックしたのは、プログレ部屋の人たちばかりだった」 から導かれるのは、 「プログレ部屋は話の通じない人ばかり」 ではなく、 「私はプログレ部屋にしか知り合いがいなかった」 である、 みたいなこと。 プログレ部屋で私…

Snakefinger "Greener Postures"

私はお米(白米)を炊くのに失敗したことがない。これは大問題なのではないか? 炊飯器のマニュアル通りにしか炊いたことがない。本来なら「『水に30分浸す』をやらずにいきなり炊き始める」とか「『5分蒸らす』をやらずにスイッチが切れたらすぐにふたを開…

バンドでキーボーディストをやるとはどういうことか

そのバンド(全員女)のキーボーディストが抜けるので後任に、という話が回ってきた。私はそのバンドのファンだったから一も二もなく引き受けた。 ところがリハに行くとまだ前任者がいた。バンマス「やっぱりMちゃんを手離せない」 バンマス=作曲者による打…

John Wetton

この記事で、譫妄が起きたきっかけを書かずにいましたが、「私の場合、ICU で目を覚ますとそうなってた」旨加筆しました。 で、譫妄とは別の話なのですが、ICU から出てすぐの頃、何故かふとジョン・ウェットンの死を思い出し、どっと涙が溢れて止まらなくな…

Genesis 'Dusk'

無駄に凄いミックス。 いつのリマスターだろう? 各パートが一切混じり合わず分離して、どのパートもどぎついくらい前面に出る。 曲内容がこのミックスを求めてるとは思えない。ミックスのためのミックス。分離のための分離。私はこの曲の慎ましやかな佇まい…

Stormy Six

特定の時期に出会っておかねばならないものってあるなあ。この歳になってどうあがいてもセバスティアン・ハーディを好きになりようがない。 Stormy Six を今まで挙げずに来たのは不手際というほかないが、なにしろ私個人的に、このバンドと出会ったタイミン…

拙作でパクった元ネタが判明!

思い出した!! この拙作の 0'09"~0'14" と 0'36"~0'41" の合唱の箇所は既存曲のパクリの筈なのに、元ネタを思い出せないまま15カ月が経過していました。 いま思い出しました。これの 0'32"~0'37" だ!(その後も何度か出て来る) でも合唱じゃありません…

Genesis "From Genesis To Revelation" を推す

Genesis のデビュー・アルバム "From Genesis To Revelation" を評価する人は少ないし、評価する人も「プログレじゃないけどこれはこれで好き」という言い回しになる。 私は中坊の時初めてこれを聴いて、大好きになった。そしてそれはまさに、私がプログレに…

ライヴの名盤

私はマニアないしコレクターではありません。全部所有したいとは思わない。 その私が一時期、オフィシャルでもブートでも、未発表音源とかライヴ音源とか映像フッテージとか、見掛けたものは全部買う、というバンドが2つだけありました。ゲイブリエル期ジェ…

T.Sasaki「突きとばされた話」

標題楽(ないし描写音楽)は、不可能だし、価値がない。というか私は標題楽が解らない。 「音楽がその自律を貫きつつも、視覚イメージや言葉と呼応することが、果たして可能なのか、価値があるのか。そこに関数は存在するのか」についてとことん懐疑的だと、…

認容発音とコクニー

拙アメブロ記事2020年02月18日より。以下。 古英語 (Old English) 700-1100 古英語には 4 大方言が区別された.ウェスト-サクソン方言はウェセックス王国の言語で,今日残存する写本の大部分は,この方言で書かれている. 中英語 (Middle English) 1100-1500…

音楽はフィールド・レコーディングよりも譫妄に近い

実家にはフォークギターが1本あった。 私は、巻き弦を、指で、弦を張った方向に擦ると、「コ――――」というか「ソ――――」というか、6弦5弦4弦それぞれの音高を持ちながらノイズを含んで掠れ、指が弦のどのポジションを通過してるかによって微妙に撚れる、上空の…

Emerson, Lake & Palmer 'The Endless Enigma (Pt. 1)'

当ブログで一度だけ ELP を取り上げた時、「作曲として最もやり切ってる」1曲として挙げたのは 'Piano Concerto No. 1'(Emerson 曲、"Works, Vol. 1" (1977) 所収)でした。 衆目の一致するところとして、最高作は 'Karn Evil 9'("Brain Salad Surgery" (1…