プログレ

sakana

昔アメーバピグの音楽フロアでビートルズ・カヴァー縛りで場が持たれると、sakana のアイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼアがまず思い浮かぶわけだけど、つべに上がってなくて残念だった。 先日西脇一弘氏がツイートしてらした。 sakana-1987、最古の音源…

都市伝説(吉松隆)

今日03月18日は吉松隆の誕生日だそうです。 以下、2017年の記事で書いて、2020年に追記した内容なのですが。 Wikipedia「朱鷺によせる哀歌」の項に 〈作曲家の紹介文献で「『朱鷺によせる哀歌』で尾高賞を受賞した」と記述されていることがあるが、事実では…

右利きの音楽

自作曲の中での左右の定位の「動き」について、私は無意識裡に、音楽は「左から右に流れる」もの、とイメージしてるように思う。 例えば、ハープなりピアノなりの1音のアタックをきっかけに、同じ高さの弦のフラジオレットなり純音なりが持続し出す、という…

レコメン

Picchio Dal Pozzo の 2nd. アルバム "Abbiamo Tutti I Suoi Problemi"(L'Orchestra、1980年)から。 A-1 'La Sgargianza - Parte I' A面は、 という構成で、長めの2曲の前後と間に、3つの断片が配される。 B-1 'Strativari' "Recommended Records Sampler"…

'At Last I Am Free'、など

Cassiber は1度だけ来日してる。1992年10月、新大久保 R's アートコートで2日間(地方でもやったのかも?)。 ゲストは篠田昌已。この年の12月9日に亡くなる彼の、これが最後のステージになったと聞いた気がする。 'At Last I Am Free' をやったのは2日目だ…

サディスティック・ミカ・バンド「何かが海をやってくる」

前回も貼ったつべです。 前回言ったとおり、『黒船』は私にとってプログレです。 この曲のキャラクターは、ベンディングを含むベースの音形と、速すぎないテンポ、が作っています。というか、こういう楽想を発想するところに意義があるのであって、だからこ…

サディスティック・ミカ・バンド「四季頌歌」

日本のロックから1枚選ぶなら『黒船』ですし、1曲選ぶなら「四季頌歌」です。 サディスティック・ミカ・バンド『黒船』(1974年) A-1 「墨絵の国へ」 A-2 「何かが海をやってくる」 A-3 「タイムマシンにおねがい」 A-4 「黒船(嘉永六年六月二日)」 A-5 …

Robert Wyatt

私がリアタイで買った Robert Wyatt の CD は "Comicopera"(2007年)1枚だけだ*1と気付いて少し驚いた。 この曲が Chris Carter、Cosey Fanni Tutti(Throbbing Gristle の2人)との共作なのだと気付いて驚いた: ミニ・アルバム "A Short Break"(Voicepri…

Saelig Oya

Saelig Oya フランス、ル・マン出身のバンド。2011年にライヴ活動を開始。2015年、デビュー・アルバム "[Chaos - Chaos]" を Musea Records から出す。目下の唯一作。バンドのFacebook は2016年04月で更新が止まってる。 清新な美的センス。 つべにはフルア…

Ayelet Rose Gottlieb "Roadsides"

前回、イスラエルのプログレ・バンド Musica Ficta を取り上げた。 その創設者でギタリスト・作曲家の Udi Horev אודי חורב が関わった CD は、Discogs では他に2点確認できる。 ① Ayelet Rose Gottlieb איילת רוז גוטליב "Roadsides בצדי דרכים"(CD、レー…

Musica Ficta (バンド)

Musica Ficta は Udi Horev אודי חורב(ギター、作曲)がエルサレムで2003年に結成したバンド。 Discogs には目下、2012年に Fading Records からリリースされた "A Child & A Well" だけが載ってる。 カケレコさんの「MUSICA FICTA / A CHILD AND A WELL」…

David Bedford "Star's End"

えっ…… ご存じ David Bedford "Star's End" の、日本盤です。本国 UK と同じ年1974年に出てます。 帯に堂々と「マイク・オールドフィールド」 の文字が。 ☆M・オールド・フィールドがロイヤルフィルと競演、D・ベッドフォードがアシモフの名作SF「銀河帝国の…

蘇州夜曲

アメブロの みらあじゅ さんから教わった、2つの「蘇州夜曲」。 (但し、李香蘭のほうは、みらあじゅさんがお貼りになったものは削除されてしまったようなので、同録音の別動画です。) 李香蘭のヴァージョンは、オケの和声が、半音階的進行を多く含んで、陶…

Sensitive To Light (バンド)

八千代市では震度4でしたが、棚から諸橋大漢和が落ちて来ることはありませんでした。 Sensitive To Light はフランスのシンフォ・バンド。Cyclops から2枚のアルバムをリリース。 ① "Almost Human"(CD、Cyclops CYCL 156、2006年) ② "From The Ancient Wor…

King Crimson 'Exiles'

King Crimson 'Exiles'、今更ながら調性のプランが面白い。 イントロの Em をキーと見做していいのなら、歌Aメロは Ⅶ、Ⅵ、ⅴ、ⅳ で出来てる(トニックが出て来ない)。 それで思い出すのが 'The Court Of The Crimson King' で、こっちは、仮にヴァースの Em …

Aphrodite's Child、Vangelis、The Residents

アフロダイテズ・チャイルド "666" が1972年のリリースだというのは認識してなかった。すごいことだ。 PFM "Photos Of Ghosts" が1973年、この時、英米以外の「ユーロ・ロック」の出現に世界中が腰を抜かしたのだ、と思ってた。 "666" は一大奇観で、トータ…

Valravn

スクリーンキーボーだと脱字が増える。 Valravn はやはり「ビョークを思わせる」と評されてるみたい。べつに、アイスランドとフェロー諸島が文化的に近い、という話ではないのだろう。 というか2013年に解散してたのか。 アルバム "Kodel På Snor"(2009年)…

Area "1978 Gli Dei Se Ne Vanno, Gli Arrabbiati Restano!"

とある御ブログで、Area を評する中で「エキゾチック」という語をお使いになってて引っ掛かった。「エスニック」ならまだしも。 ここは不用意でいられないポイントだ。エキゾティシズムは簒奪だ。音楽から排除せねばならない。 当ブログはプログレについてし…

All Over Everywhere

All Over Everywhere は、作曲家でマルチ奏者の Trinna Kesner を中心とするアメリカのバンド。 結成には、Cerebus Effect、Deluge Grander、Birds And Buildings で知られる Dan Britton が関わっていたようだし、目下の唯一作 "Inner Firmaments Decay" は…

Wigwam (別バンド)

実家にはヴァージン・レコードの LP がいくつかあり、帯の裏側がカタログになってた。なかにウィグワムというバンドの「ニュークリア・ナイトクラブ」というアルバムが紹介されてて、「イエスと 10cc のギャップを埋める」みたいな解説が付いてた。 私はまだ…

1980年

自然の理はヒトにとっては残酷 生物として、個体維持や種の保存のために備わった働きが、ヒトを苛みもする。 ヒトも物理法則の中にいるから、人混みの中で大切な人とはぐれもする。自動車や振り下ろされる玄能や眼下に迫り来る地面に当たれば潰れて死にもす…

バンドをいくつか

Humble Grumble は、ベルギー拠点の多国籍バンド。AltrOck その他からリリースあり。 2012年のライヴ: SH.TG.N は、ベルギーのバンド。Moonjune からリリースあり。 2011年のライヴ: SH.TG.N の中心人物でキーボーディスト Antoine Guenet のオクテットの…

井上陽水「帰れない二人」

PC 起動時に「まってて」と表示が出て、PC いよいよ終わったか、とよく見たら、いつもの「ようこそ」だった。私が終わってた。 最近たて続けに1980年代のものを取り上げて、自らへの疎外が甚だしく進んでるので、今日はこれを貼って、'70sスピリットの人であ…

Elisa Waut ②

Elisa Waut "Mystica"(1998年)から。 本当にたくさん貼ってしまいました。15曲中9曲。 バンド Elisa Waut としての活動はほぼここまでといっていいと思う。この後メンバーそれぞれの活動があるけど、私は追えてない。 さらに追加すみません。私の選曲の偏…

Elisa Waut ①

Elisa Waut はベルギー、ブルッヘ(ブリュージュ)出身のニュー・ウェイヴ・バンド。ベーシスト Chery Derycke、Hans と Elsje (Els) の Helewaut 兄妹、を中心とする。Chery と Elsje はパートナー。 バンド名のフラマン語読みは私には判らない。ドイツのTV…

Elise Caron

Jean-Rémy Guédon, Elise Caron, Archmusic のアルバム "Sade Songs"(2006年)のつべは今これしか見つからない。 数年前はライヴ映像の数分間のダイジェストが少なくとも2種類上がってたのに。影絵が美しい舞台の記憶が強くあって、あとその一部と化したみ…

Holger Hiller 'Waltz' ("Oben Im Eck" 所収)

Holger Hiller "Oben Im Eck" (1986) のフル・アルバムが上がっていました。 以前この記事 で、かの香織がヴォーカルで参加してる曲として言及した 'Waitz' は、9'50"~14'09" です。 この過去記事内で書いた私の記憶が、あまりにも間違っていたのが判明して…

テンポ

私が拍子(変拍子)に積極的興味を持てないのは「連続的変化」があり得ないからだ。 と、網守将平とバクテリアコレクティヴの曲「Climb Downhill 1」のテンポの連続的変化を聴いて、ふと思った。 こんなテンポの扱い、初めて聴いた。 音楽における「連続性」…

Rational Diet とその後身バンド

Rational Diet の 4th. アルバム "On Phenomena And Existences" の曲がつべから殆ど消えてるのはどういう事情だろう? 3rd. "At Work" から: Rational Diet(ベラルーシのバンド)ディスコグラフィ: ・The Shameless / БЕССТЫДНИ(レーベル無し、セルフ・…

Alan Aldridge(絵、イラスト、グラフィック・デザイン)

脳内で鳴り出したのはこれの 2'43"~ だった。なぜかスムーズに思い出せた。 このエルトンの「ルーシー」はもともと1974年にシングルとして出たもので、アルバム "Captain Fantastic And The Brown Dirt Cowboy"(1975年初発)にボートラとして収録されたのは…