下書き放出(感動は予測出来ない)

Ⅰ.

「私は『作曲』のみでロックを聴く癖がある。当ブログでも『作曲』のことしか書いてない。ある曲をディスると、コメントを頂戴して『是非〇〇のプレスで聴いてみて』と薦めて頂くことがある。

いったんは、筋違いなアドヴァイスだ、と思う。でも、実家にあった『国内盤』LP と YouTube でしか聴いたことがないということは、私はまだその曲の本当の姿を知らないということなのだ、と反省する。音楽の大事なものをきっと取りこぼしてる」

「そういう条件で違って聴こえる要素も『音楽内容』に違いない」

 

というのは言い換えると、「感動ありき」が正しい順序、ということ。

自分がどこで何に感動するか、実際に聴いてみるまでは判らない。

私の「作曲で聴く」聴き方も、そもそもは何かの「感動」に基づいてる筈。

「エピタフ」は作曲で聴けば不毛だ。メロトロンの「白玉で空間を埋める」使い方も、作曲で見れば間違いだ。

でも、御アドヴァイスに随って然るべきマトで聴けば、私は、そのまさにメロトロンが空間を埋める埋め方に、感動するかも知れない。そしたらその、自分が感動したという事実をもとに、聴き方論を立てればいい。

 

感動が聴き方に、聴き方が感動に還元され、絶えず循環するダイナミズムが、聴く現場だ。

 

Ⅱ.

「〇〇をお好きなら、この△△もお好きだと思います」という薦め方をよく目にする。この判断の根拠はどこにあるのか?

△△が〇〇に出音なりスタイルなりにおいて「似ている」から、ではあるまい。「ドビュッシーを好きだからカプレやブーランジェも好き」「ジェネシスを好きだからウォッチも好き」とはならない筈。

アーティストを好きになるポイントは、そのアーティストの「視点」だったりする。その視点を「発見」したことを好きなのであって、だから

ドビュッシーの『自分の耳の責任で、広大無辺の音の世界から、音楽を自由に聴き取って来てよいのだと示したところ』をお好きなら、ヴァレーズもお好きだと思います」

ジェネシスの『スタイルを、一貫させるのではなく、美意識というものを信用しこれに随って臨機応変に、選んでゆく姿勢』をお好きなら、ブリテンもお好きだと思います」

ならあり得る。

 

そもそも、ある曲を聴いて「感動が起きた」という事実があって、でももう一度同じ曲を聴いて同じ感動が起きるとは限らない。起きたとしてもそれは感動そのものではなく、さっきの感動を「なぞってる」。

「似た曲を聴いたら似た感動が起きる」ことを期待して臨むうちは、本物の感動はやって来ない。

 

関連記事:

パクりました。

SoundCloud は再生開始で曲頭が欠けることがあるので、今後 YouTube で貼る。

 

まえに、この曲の 0'16"~ のパーカス・パートの8分音符での刻みについて「身も蓋もない」「単調」と悪口を言ってましたが、

それをパクったのは私です。

0'32"~0'49"、1'14"~終わりまで。

私は佐々木のシークェンス・データを見られる立場にいた。この4つの音色を含むドラム・キットは「LOAD」の操作で丸パクリした。4つ各々の音量、定位、MIDI 出力チャンネル、などは、曲に合うように設定したのだった筈。

 

この曲のこの箇所は夢で聴こえて来た。パーカス・パートについては、目醒めてからのメモに

ポン コー ピッ コー

とある。これって佐々木のあの曲のあの箇所に似てる、ということになって、引っ張って来た。当初は、これを参考に新たに作るつもりだったけど、結局まんま使った。そのくらいフィットしてしまった。

あるいは、聴き知ってた佐々木曲が夢に出て来た、のだったかも知れない。

 

まえに書いたとおり、持続音が、次のアタック音が鳴るのと同時に鳴り止む設定、ということは、次のアタック音が鳴らない限り持続音は鳴りっぱなしになる。1'17" 目でやってるのはそれです。

ちなみにこの持続音は、クラッシュ・シンバルの波形を使って、ディケイ・タイムを最大にしてある(GLOBAL モードの Page-1 Drum Kit 1 または Page-2 Drum Kit 2 での操作)。

 

'Cornell' は3年前の打込み。いま聴き直すと、ここはなんでこんな設定なんだよ?!と思う箇所がたくさんある。打込み作業してる時は、感覚が先鋭になってるし、認知がいろいろ歪んでる。打込み作業中にやったことは、他人と共有出来ないし、平常時の私自身とも共有出来ない。

 

コーネル作品から受けるイメージを音に移した、のではない。

この時の作曲はふだんと違う点があった。ふだんはその場で新しく浮かんだものだけを採用しつつ書き進めるが、この時は、過去のいくつかのメモを取り集めることが中心だった。その、スケッチのストックを引っ張り出す作業が、コーネルの、コレクションした素材を使って制作する作業を彷彿させた。

ドビュッシーからの引用を含んでもいる。その、作る過程のあり方がコーネルっぽいかも知れない、のであって、アウトプットを似せることを目指してはいない。

手拍子

1'13" 目と 2'40" 目の、楽節終わりのスネア一発のアクセントに、「くっつけた両掌を瞬発的に引き離す」という振り付けをするのが、天才!と思った。

と、前々回の記事で書いた。

私自身、手拍子で曲に合わせて拍を取るのに、能う限りジャストに打とうとすると、拍に合わせるのは、手を「打ち合わせる」タイミングではないのだよな。

両掌を、離れた状態から、打ち合わせる=距離を 0 にするのには、時間がかかる。打つためにスタンバイさせる両掌の距離は、限りなく小さくなって、両掌が合わさってるのは瞬間で、打つと同時に、大きく反発する。

なんならスタンバイは両掌が合わさってる状態でもよくて、こうなると完全に、拍に合わせるのは両掌を「離す」タイミング。

 

日本民謡に聴衆が合わせる手拍子は――これはステレオタイプに属する絵柄かもだけど――打ち合わせた両掌をそのまましばらく合わせたままにし、あまっさえ揉み合わせたりする。

 

私の手拍子は「ステップタイム」で、「瞬間」を指向する。日本民謡の手拍子は「ゲイトタイム」つまり「持続」だ。そこで持続してるのは「気持ち」だったりするだろうか?

 

Perfume 'VOICE' の MV の、上述の点にことさら意識が行ったのは、ビートを鋭くすることを突き詰めると畢竟こうなるよね、と思ったからなのだった。