ポール・マッカートニー、その2

ねこちん氏の御記事。

 

御記事中でご紹介下さってる動画①。

初めて聴きました。Paul McCartney にはこんな曲もあるのですね! プログレ耳に訴える曲調です。

 

御記事中でご紹介下さってる動画②。

これも初めて聴きます。冒頭を聴いて、King Crimson 'Matte Kudasai' の

She waits in the air

の箇所のメロが 'She's Leaving Home' からの引用なのだと気付いてしまいました。

1'25" 目。

ところで、つべの King Crimson オフィシャルのチャンネルは、この曲の聴き憶えの無いヴァージョン、ギターのトラックをひとつミュートしたみたいなのをレギュラーのヴァージョンとして上げて、ここに貼った、オリジナルとおぼしきヴァージョンは

(Alternate Version) [Bonus Track]

という扱いです。どういう事情なのか、いつからこうなのか、KC マニアではない私には不明です。

 

折しも、私の 'Martha My Dear' 再評価が勃興してるところでした。

といっても、0'19"~0'29" の10秒間の箇所。ここが、私の思う「目醒ましい楽想」、「メロと和声、その両者の関係、についての真摯な探求」の例であることに気付いて、ポールすまんかった、ってなってます。

 

歌詞:

マスメディア

どうなってんだ

帝人かんばせ超ムリ

2番目に回さないでよ

 

私は John Lennon が好きです。

アルバム "The Beatles" は、バンドとしてのものというより各メンバーのソロ集ですが、「Lennon の曲が優れてるから」というのが、私がこのアルバムを好きな理由でした。

Lennon はロック、McCartney はポップ、というイメージを私がもつのは、このアルバムのせいというのが大きい。就中 'Martha My Dear' は、曲調がその「ロックじゃない」の典型例、と片付けてたのですが、ポールすまんかった。

いいちこのアルバム中、というか全ビートルズ・ナンバー中最もロックなのは 'Helter Skelter' なのだし。

 

関連記事:

The Beatles ハモる

The Beatles の音楽の聴きどころのひとつはコーラス・ワークだけど、そのわりに、ハモりがいつも純正というわけではない。

作曲・アレンジとして面白いけど、これを実行するのに、どうやら Harrison が加わってくると微妙になる。

Harrison が音痴というのではなく。ハモりを成立させるために重要なのは、絶対的ピッチではなくインターヴァル、お互いに聴き合うことなのだし、あと、ピッチやインターヴァルの正確さだけでなく、ハモるための「発声法」というものがあるのではないか。

Yes における Howe 的位置。いやちょっと違うな。Howe は音痴だ。

 

The Beatles をコピーする時、純正にハモるべきなのか、オリジナルどおりに外すべきなのか。

 

身贔屓じゃないか

やっさんがナビをした

へべれけじゃないか

目減らない湯

f:id:shinkai6501:20161001121402p:plain

 

3声でハモる時、主メロを上と下から挟むやり方に、名前は付いてるんだろうか?

The Beatles 'Nowhere Man' みたいな。

あれこそ創始者の名前で呼びたい「技」じゃないか。

The Beatles の場合は、「Lennon 曲で Lennon がリード・ヴォーカル」+「McCartney のがキーが高い」という事情から仕方なく、なのかな?

 

関連記事:

夢 2021年06月13日

約半年前の下書きを発掘。以下。

 

出先から自宅へ自転車で帰ろうとする。T字路で、直進か右折か、どっちが近いか、という以前にどっちだと辿り着けるか、迷う。右折を選ぶ。直進だと登りだし、どんどん山に入ってゆく危険性がある。右折した道路の先が微妙に左にカーブしてるように見えるのも、正解だった感。

でも結局行きどまりで、最初の地点に戻り、さらに一筋前に戻った右折の道が正解… と思いきや、袋小路というより道以前の「個人の住宅の裏手」だし、溝。幅1m深さ1mのコンクリの溝を渡って(溝に下り、自転車を向こう岸に上げ、流れの端にわずかに土が堆積して出来た幅10cmのレーンを歩くが、柔らかい。この時、脇で少年が一人見下ろしてる)、結局もう一筋手前の大通りを行く大回り。

線路沿いとか、川沿いとかに出ると判りやすいけどな、と思ってると、大きく逸れたようで、目当てと違う路線の駅に出る。駅員に駅の名前を訊ねる。

路線図が見たい。券売機の上方の壁面の料金表を路線図として使おうと見るけど、現在地とか、行く先とか、ルートとか、どこをどう見ればよいのか。

電車で帰るのなら、自転車をここに置いてゆくことになる。

駅員が右後ろから異常に近くに立ってくる。「スリかよ!」と抗議。右後ろポケットに手をやり、ガード。

券売機の前に立つ。ジャラ銭の中から目当ての硬貨を手に取れないとか、投入できないとか、そもそも料金が判らないとかで時間を取るので、いったん外れて次の人に順番を譲る。