"miniatures"

miniatures

a sequence of fifty-one tiny masterpieces

edited by morgan-fisher

 

最近フル・アルバムのつべが上がった:

1980年。Morgan-Fisher (Morgan Fisher) が、いろんなアーティストから募った1分間(以内)の曲を51曲連ねたアルバム。

こちらの Discogs のページをトラック・リスティングとしてご覧になりながらお聴きになるのがよいと思います:

カヴァー曲が多く、かつネタ元が何なのか判りづらいケースもあるので。The Residents とか。

 

つべの最後に隠しトラックみたいに入ってるの、オリジナル音源にあるものだろうか?

 

スリーヴノートに、

「1979年: Morgan-Fisher は "The Goofing Off Suite" を聴いて、ある着想を得た…」

とある。

これは Pete Seeger の1955年のアルバムで、オリジナル曲、トラディショナル曲、クラシック曲(バッハ、ベートーヴェンストラヴィンスキー*1グリーグ)などを、バンジョーまたはガット・ギター、適宜ヴォーカル、まれにマンドリン、ハリル*2カントリー・ミュージックにアレンジして、17曲連ねてる。殆どが1分台か2分台(0分台が1曲、3分台が1曲)。

1曲の中に複数のネタ元を含む場合もある。

"miniatures" でカヴァー曲が多いのは、着想の発端がこれだったから、なのだろうか? ちなみに Pete Seeger 本人が、"miniatures" の最後、51曲目に参加してる。

アルバムを貼っておきます:

 

聞いた話で正確なところが判らないのだけど、1980年当時、"miniatures" 情報が最初に齎された時、アーティスト名が頭文字でしか明かされていなかった、とか、阿木譲がその「匿名性」にことさらに積極的な意味を読み取ってた、とか。

これはどうやら、曲数が多いうえに、曲数と同数のアーティストが参加してて、レコード盤のレーベルに書き込むには文字数が膨大なので、便宜としてアーティストの頭文字だけを書いた、というのに過ぎないようで、オリジナルのアナログ盤でも、インナー(Discogs の画像で確認)にはふつうにアーティスト名がフルで書かれてる。

ただ、アルバム・タイトル、曲名、アーティスト名が全部小文字で書かれてるのには、固有名詞を一般名詞として扱う、個性を消すニュアンスを感じはする。

 

ある時期の阿木譲が「これからは匿名性の時代」みたいのを提唱した、その真意を私は知らないけど、あるいは1970年代プログレの時代にはいた Fripp とか Gabriel とかの「神様みたいな」存在を当代が擁しない、という状況認識があって、そこを時代性として積極的に評価する試み、だったのかも知れない。

「シーン」としては確実な動きがある。そもそも我々はロック・スターに自らの生を仮託しようとしてたのではない筈だ。みたいな。

 

「個」を軽んずるとはなにごとか、といったんは思う。でも、積極的な意味での「個を離れる」が、2つある。

① 偉大な個たるロック・スターを待望すること、英雄待望論は、却ってこっちの個が希薄になることだし、自分で何とかすることをサボることだし、だから Gabriel は 'D. I. Y.' と歌ったんだろう。

② そもそも音楽は個を越えてる。「自己表現」ではないのだ。音楽は個を通して来るが、個から来るのではない。

 

ポスト・パンクについて書いた時、この盤の存在を思い出さなかったのは、不覚。

*1:'Russian Folk Themes' のクレディットで作曲が Stravinsky となってるけど、もともとはロシア民謡で、これを『ペトル―シカ』に引用したわけだから、これも「トラディショナル曲」ではある。

*2:Chalil、古代中近東の笛で、聖書にも出て来るけど、現代においてこの名が何を指すのか、私には判らない。

Scott Matthews 'Dream Song'

今気付いた。これ、1970年代のものじゃないんですね。

'Dream Song'、1976年生まれの SSW、Scott Matthews の、2006年のデビュー・アルバム "Passing Stranger" から。

 

10年前、カケレコさんのサイトで見つけた。

「おかしいな私… 嗚咽しながら聴く音楽じゃない筈だよねこれ……」

という感想をツイートで残してる。

現在在庫無し。

このページの説明にもしっかり「76年生まれの新鋭SSW。06年のデビュー作」って書いてあるのに。

だって、どう聴いたって1970年代ものと誤認させる音じゃないですか。

 

ただ、嗚咽はアレンジによるところが大きくて、このスタジオ・ヴァージョン一択(ライヴもいくつか上がってるけど)。

 

Wikipedia「Passing Stranger」によると、オリジナルは 2006年03月13日に San Remo から出て、同年10月に Island Records から再発、なんだけど、Discogs に載ってるのは、オリジナルと、2007年の再発。

ジャケが、オリジナルと2007年のとで違う(2006年10月ののジャケは判らない)。

今回貼ったつべの画像は、再発のジャケ。

この曲は公式も上げてて、そっちの画像はオリジナル盤のジャケ。

「公式しかもオリジナル・ジャケ」ならそっちを貼るべき、ではあるんだけど、こっちにさせてください。ジャケでイメージが全然違ってしまう…

Nor Dar

Nor Dar は、アルメニアエレバン出身の作曲家 Kora Michaelian (1971 - 2001) がギリシャで結成したバンド。

2nd. アルバム "Ampel'a"(Libra Music LM018-2、2000年)は、インドの高名な古典声楽家 Lakshmi Shankar を迎えてのもの。

1曲目  'My Heart In The Mountains'

7曲目  'The Village In The Valley'

 

ザビエル・レコードさんで知り、アメーバピグの音楽フロアで掛けるなどしたもの、つまり私の「懐メロ」なわけだけど、はてなブログに移って来てから一度も取り上げてなかったので、押さえておきます。

ちなみに貼ったつべは私が上げました。