開会式の音楽

オリンピック開会式で空いた穴は4分間なのだそうなので、じゃあこれでちょうどいいじゃないか: 最初は坂本にオファーが行って、坂本はもちろん断った、とは聞いたけど。 開会いきなりこの『エピローグ』で〆てもらったら美しいかも。 「開会」の「開」は「…

日記 2021年07月21日

豪雨の音が強まったり弱まったりを繰り返す只中にいると、クレシェンドは意識されるし恐怖を覚えるけど、ディミヌエンドには気付かない。 The Beatles 'You've Got To Hide Your Love Away' のカヴァーで、こういうのがあった筈なんだけど、見つからない: …

渋谷系とさっきの夢

渋谷系についての前半と、さっきの夢についての後半は、相互に無関係です。 当ブログを「渋谷系」で検索した結果。 話があちこちに飛ぶ記事の、後半で、以下のように。 私が渋谷系を嫌いな理由は何だろう? 習俗と結びついてることが、音楽の自律と純粋を貴…

日記 2021年07月18日

「シェリーに口づけ」の「口」が「☐(四角の枠)」に見え、☐を埋める大喜利だと思って「ど」と回答する。 アホな放尿犯 I wanna hold your hand に続くビートルズ空耳 バカな遊泳正装 Back in the U.S.S.R. Dear Prudence, 落ち込まんとくれ 0'44" からのベ…

続・ラヴェル

私の聴いたラヴェル演奏の中から、好きだったものを。 ・オーケストラ曲 私にとって「よい演奏」=「曲のことが判る演奏」。 ラヴェルのオーケストラ曲の演奏の聴き較べを、私は『スペイン狂詩曲』でやる習慣がある。 ブレーズは1970年代にニューヨーク・フ…

ラヴェル

「長3和音+短6度」の和音といえば、あからさまに判りやすい例があった。ラヴェル『夜のガスパール』第1曲「オンディーヌ」の冒頭。 アルヘリッチ1974年の録音で。 (0:00 ~ 0:10 はノンモンです。) この盤でのアルヘリッチの、磨かれきった鉱物質の音色と…

続・長3和音+短6度

この記事の続きです。 すぐに思い出さなかったのは全くの迂闊なんだけど、私がこのコードを最初に意識したのは、まさにドビュッシー『ペレアスとメリザンド』第3幕第1場の冒頭でだった。 00'13"、00'34"、01'19"、01'51"。 ここでは、B のコードへの付加が、…

クアクレ kokle

さいきん乱視が急に進んで、マウスポインタを頻繁に見失って、作業の効率が著しく落ちてた。 必要に迫られてググって、マウスポインタの大きさと色を変えられる*1ことを、17歳にして初めて知った。 あるサイトを見ていると、視野の隅にクアクレ(kokle、ラト…

長3和音+短6度

ギターの弦の真ん中(開放弦なら12フレット上)をピッキングすると矩形波っぽい空ろな音色になるのは、2倍の倍音が滅されるからなのかな? さて、 これの 01'49" 目のコードの感じ、どこかで聴いたけど、何だっけ? この、長3和音に短6度を加えたコードは、…

ねもじ(猫)

猫の名前でいちばんいいなと思ったのは「ねもじ」。 女房詞の佇まいでもあるし、『不思議の国のアリス』由来とも思える。 女房詞で「ねもじ」は「ねぎ」のこと。あと、「ねぎ」を「き」と一文字でいったことから「ひともじ」ともいうらしい。 「ひもじい」が…

作詩

こういう下らない記事ほど熱心に手直しする。 書きながら、作詩のきっかけになりそうと思った。ふつうに現代詩みたいじゃないか。 私は作詩とヴォーカル録りをやったことがない。ブログ記事を書く時、文章を「詩」ならしめんとするけど、ことさら「作詩」と…

Gentle Giant 'Funny Ways'

さっきこれの 2'41" ~ 2'46" の、転調を明示する2つのコードの連鎖が脳内で鳴りだしたんだけど、咄嗟に何の曲だか思い出せなかった。 続く箇所は「4小節くらいの長さのコード・パターンが繰り返されるラウドなロック」の筈なんだけど、具体的に思い出せない…

Syd Barrett

今日07月07日は Syd Barrett(1946年01月06日 - 2006年07月07日)の命日です。亡くなって15年経ちます。 私はレアな情報は持ち合わせません。ふつうに私にとって大切な曲を挙げます。 私個人の事情ですが、じつは、'Bike' と本当の意味で「出会う」のにはい…

サビ入り、アンカー攣(つ)る。(「細微に入り 安価と売る」改稿改題)

縛るプレイ ぶっちぎり現在トップ 飛ぶよう どういう意味だ 茉奈? 孔子 天に拗ねる 帳尻でスってん相馬 デヴィ 買ってそうね 以文斎 ビリや どつくど 紋章 掘られ掘る 法談だ インド ほらもうみんな盾突く 荏原に無いもの おまへん 裸足シーンが もうほつれ…

最近の

美味しいっぺ 飯が 青菜が終わって さあ let's タン塩 あああーーーーーーーあーー あああーーーーーーーあーー

たのしい〈反日〉

「反日」ときくと反射的にこれを思い出す。 小杉武久、かざまきたかし(風巻隆)の LP『円盤(LIVE AT THE すとれんじふるうつ)』(Fool、1983年)の、かざまきによるライナーノーツ。 即狂のおと ・即狂は 音楽の1ジャンルとしての 即興演奏(インプロヴ…

ネーミング

NGC が New General Catalogue の頭文字だと知る。狐に抓まれてる。 Nebula も、Galaxy も、Cluster も、ネーミングには関係無いのか。 出来過ぎ。 出来過ぎだけど、もともと General Catalogue というのがあってこれに追補したものだからこの名前になってる…

Astronomy Domine とピンク・フロイド雑感

『狂気』はその「好き勝手」が本当にショックだったけど、ほどなく、ピンク・フロイドは「作曲」として見ると弱いし退屈、「エコーズ」という奇跡の1曲を除いては、と気付き始めた。 ある時、隣室からライヴ盤 LP とおぼしき音が漏れて来た。「超越的コード…

Mars(バンド)

"No New York" では DNA 一択と思ってたんだけど、Mars を聴き直したら面白かった。 このアルバムは4バンド各4曲ずつ収録。Mars の2曲目: 冒頭、前の曲 'Helen Fordsdale' のケツが一瞬ミキレてて、'Hairwaves' は 0'05" から。 このつべのチャンネルは他に…

Picchio Dal Pozzo 'Mettiamo Il Caso Che... (Seconda Parte)

Picchio Dal Pozzo の 2nd. アルバム "Abbiamo Tutti I Suoi Problemi" (L'Orchestra, 1980) から、ラスト曲*1 'Mettiamo Il Caso Che... (Seconda Parte)'。 約16分。先日の Utopia 'Singring And The Glass Guitar' に続いて、「残念ながら片面一曲にはな…

メモ(皇太子)

「アマゾンの Siri んごたるやつな、なんちゆうとね?」 「アレクサ」 「なんね、知らんとね」 さて、吉田日出子主演の音楽劇「もっと泣いてよフラッパー」の舞台を、身内が、NHK の放送で見たことがあるらしい。昭和の終わりごろだったっぽい。 ググると、1…

ラオスの民族音楽

おお、フルアルバムで上がってた: "LAOS" UNESCO Collection: A Musical Anthology Of The Orient シリーズ(Bärenreiter-Musicaphon)の1枚。 A面 00.00 On The Mékong (Long Khong) Khène : Thao Phet 03.00 Wishes For Prosperity (Krida Pinihan) Class…

真っ先に思い浮かぶ曲

「80年代音楽ベスト」ときいてこれがまず思い浮かぶ。 お題から、きまって真っ先に思い浮かべる曲ってある。「ロックの日」ときくと、これ。 「プログレッシヴ」とか「オルタナティヴ」とか「産業」とかの形容詞無しの「ロック」を1曲選べ、というお題。 私…

メモ

3つのメモは相互に無関係です。 ① JOHNSON の演奏で「俺はこんなもんじゃない」です。 ② "Tormato" ジャケの人物の持つスティックを、私はダウジング・ロッドだと思い込んでたけど、ちがうな… ダウジング・ロッドは、フリーに動く状態に保つため、持つ人の意…

美しいワルツ

ワルツをヨハン・シュトラウス2世でしか知らなかった頃、ワルツはわたし的に「美」の範疇に無かった。「その場に停滞する音楽」と感じてたと思う。「外枠」としての四角四面の楽節がまずあって、そこを、必ずしも必然的と思えない造形のメロディで埋めてゆく…

Gentle Giant 'Intro 76'

私が初めて聴いた Gentle Giant のアルバムは、2枚組ライヴ盤 "Playing The Fool"(Chrysalis、1977年)でした。 なので、初めて聴いた曲は 'Just The Same' …ではなく、'Just The Same' の演奏が始まるのに先立って会場に流れてるテープの曲でした。 1997年…

メモ(「危機」と『海洋地形学』)

モティーフの関連付けで曲を構成するという時に、いっぽうでは、聴き手あってこその曲だから、聴き手に判りやすくくっきりと示すことが重要、そしてそれが聴き手の「物語のたっぷりとした読後感」みたいなものに結び付く時に初めて意味を持つ、という立場が…

Starless & Bible Black (バンド)

ゼロ年代に活動を確認できるアメリカのバンド。 つべには2009年の 2nd. アルバム "Shape Of The Shape" がフルで上がってるけど、私が好きだった2006年の 1st. アルバム "Starless & Bible Black" は、これ1曲しか見つからない: この動画は、音質が万全では…

場の在り方 ②

多パートの曲で、コンサートホールで演奏されることを想定して書かれたようなものは、どのポイント(空間の)で聴くのがベストバランスか、おのずと決まってる。オーケストラ曲を録音することは、鑑賞に供するために額縁に入れることだ。 テリー・ライリー『…

Yes 'The Remembering (High The Memory)'

Yes の、4曲から成る "Tales From Topographic Oceans" (1973) の第2曲、'The Remembering (High The Memory)'。 『海洋地形学』愛の深い方でも、この曲は退屈、とおっしゃってたりするのですが、私自身は初めてこのアルバムを聴いた時から愛して已まない曲…