日記

夢 2020年10月29日

どこからどこに向かってるのだったか、海岸沿いのコンクリートの防波堤の上に出る。三陸海岸のどこかみたいな岩場に張り付いて続くそのキャットウォークは高低差を含む。右手=海側を見やると、ちょっとアクセスに工夫の要りそうなエリア(そこもコンクリの…

夢 2020年10月26日

最深部まで降りる。上に引き返す時、構造を攀じ登る。エネルギー的にも筋肉疲労的にもきつい。完遂ぎりぎり。「最深部を作るということはそこと行き来するエレベータを備えてある筈なのに、自力で攀じ登ってバカみたい」とひとりごつが、そう話し掛ける相手…

夢 2020年10月22日

そういえば今朝の夢が具体的で入り組んでてリアルで面白かったんだけどメモしなかったのであらかた忘れた。 電車で神戸に向かう*1。今回の用事の場合 JR じゃなくて、ああやはり今乗ってるのは山陽電鉄だ。運賃高いけどいいや。 カラチ出身の乗客「『神戸』…

論理はどこにあるのか?

shinkai6501.hatenablog.com ↑を書いた時は、只中にいながらなんとか言葉に書き留める、というフェイズだった。今は(たぶん)落ち着いたので、もう一度書いてみる。同じ事を書くことになると思う。 現実世界にいて(夢の中でではなく)、現在只今、ふつうに…

精神のリアリティが当てにならない

ちょっと精神のリアリティが危ないかも知れない。すごく説明が難しくて、事態の深刻さを伝える自信がないんだけど、その時は全く論理的に考えていた筈なのに、直後に省みると、自分でも訳が分からない、ということが起きている。 ここ1日ほど2つのトピックが…

夢 2020年10月04日

親類の集まりに顔を出している。子どもの頃以来接触の無かった彼女らを私は具体的な人物として認識出来ない。よそよそしい場。 ある座に列して閑談してると、祖母(に当たるらしい人)が自室から現れて「智子は私の相手もしてくれなきゃ(福岡弁で)」歓待さ…

入院するとは日常に戻ることを始めること

普段通りの通院で2時間で帰宅のつもりが、重積発作と診断され、医院から直で救急病院に移され、そのまま8日間の入院になった。自覚症状は全然大したことないのに大袈裟。 日常が、やりかけのまま、突然中断した。 面白かったのは、夢。 入院3日目まで、全て…

夢 2020年05月29日

暗号メッセージが(ツイッターか何かで)出回る。日本国内に分散して住む、とある民族ないしコミュニティ向けのもの。私自身は内部の者ではなく、日本人の賛同者で、内容(カンパの指示)を読み解くことが出来る。ATM で所持金=全財産の5万円のうちの2万円…

夢 2020年05月14日

断崖に張り付くように設置された滑り台を降りる。水が流れてるのでウォータースライダー。 競技のようでもあり、このコースを抜けてどこかへ抜ける、次の場面へ進もうとしてるようでもある。 競技としては、水泳競技に分類されるのか。鈍色の金属でできた、…

夢で Henry Cow の MV を見た

夢。 Henry Cow 最初期のヴィデオを見ている。ライヴをそのまま収録したフッテージではなく、スタジオ録りのオーデイオに路上で撮った演奏のフリを当ててある。20分くらい。 知ってる(実在の)曲は無かった。一部は先日ある方がブログで貼ってらした(と、…

夢 2020年03月17日

何かの技術~工学の、学会ないし見本市がハネて、たっち(のどっちか)風の小太りの3枚目の人が、「浅黒いスティーヴ・ジョブズ」みたいな人を尾行する。バレる。たっちは、おどけた笑顔を作って、青色に白い「CD」(球団マーク)のキャップを脱ぐ。下から同…

夢 2020年02月28日

二点透視図法で書かれた、壁の上辺が右上がり、下辺が右下がりの斜線になってて、このうち上辺の傾きが非常に小さいために、ピクセル1個分の差の水平の線2本で表現される。 予約したスタジオ。相方が来ないので途中で帰ってくる。せっかくドラムキットのある…

マロニエは今も降りてくる

数日前に夢をメモってた。断片的な記憶。 対話の相手(誰なのか不明)「西部邁はぱったり言及されなくなったね」西部のメディアへの露出の代表例として「徹子の部屋」への出演を挙げる。 私「そうそう」と相槌を打つが、1984年の出演だと聞き、「あれ?私が…

夢 2020年02月09日

街中、路上もしくは公園。まばらに人。家族連れなど。知り合いはいない。 傍らに男児(知り合いではない。彼は母親と連れ立ってここに来てる気もする)。私と彼は、ある一筋の舗道、もしくは公園の細長い一角が、向こう側に通り抜けられるのか話し合う(彼が…

夢 2020年01月14日

さっきの夢のシーン① 世界の、前後左右上下の空間構造がすでに闇に近い薄暗がりで、終わるのは時間の問題だった。 空間のあちこちに、星みたいに光の点が点滅してる。それが発火点になり引き金になって、世界が崩壊する、構造を危うく最後に留めた段階だった…

夢 2019年11月03日

家の用事を今すぐせねばならないか考えてる、なにがしかの場面。 叔母「今から出掛けて3時間後まで帰って来ないから、」 じゃあやらなくていい。 叔母「それまでには麦茶を作っておいて」 ああ… 薬缶が見える。 麦茶を沸かすまでは訳ないが、冷ますのに時間…

夢 2019年03月11日

遠くの天体の画像。岩石惑星っぽいけど球になりきらない歪ででこぼこしたイメージと、どの程度の解像を期待できるかが、冥王星的位置付けの。 5年前の画像より、最新の、より鮮明な画像を収めたサイトの方が優秀、といったん思うが、それでは足りない、両方…

夢 2019年02月10日

渋谷、新宿、中野の CD 屋をハシゴしてた気がするシーンの続き。 新宿のビルの中のオフィス風の部屋。「〇〇(根性出せば歩いて行ける距離の街)まで電車移動は贅沢かな」とひとりごつと、そばにいた女性(女優風)が猛烈に抗議してくる。「新宿から〇〇まで…

白い長方形の箱

そうか、夢で食べればいいわけか。 ネギたっぷりで、広い長方形の白いヴァットに入った塩ラーメンを食べていた。 イチローさん(野球の)と、チャラいニューアカっぽい先生の対談(生活スタイルについての)を聴きながら。 ヴァットの奥から手前に向かって箸…

弁天様の意思と価値が世界を満たしますように

これが初詣になるわけか。意図してなかったけど1月中に行けて良かった。 往復2時間、10,000歩は超えたかな? 弁天様へのお願い、若い頃は「御心のままに」としか言えなかった。 ある時期から「道をお示し下さい」になった。 今日は「弁天様の意思と価値が世…

夢 2019年01月27日

さっきの夢。どこかから戻ってきた拠点(実家的な)から、何かの用事のために、ある方角(南?海のある方向?)に徒歩で向かう。線路を一つ越える。踏切を渡る時は「歩く」というより「這う」で、急いで渡らねばという気持ちに対して「抵抗」的。少し先でも…

昨夜の夢

昨夜の夢はいろんな場面があったけど、結局最後だけ憶えてる。 「♪花に生まれて~」 という歌い出しの歌を 「♪花で買われて 薬で使う」 と替え歌にして笑うシーン。 花屋でふつうに合法的に(但し大量に)買った花を自宅で精製して麻薬を作る、という意味。 …

本日のセルフツッコミ

「更新プログラムのインストール中(〇個中△個目)」 初めは、この表示がインストールの実情とどう対応してるのか、プログラムの個数をどう数えるのか、と疑問に思う。 次には、じつは実情とは無関係に、見る者が感じるストレスが最小限になるように、個数の…

夢の中でもダジャレ

「裸って、ラッテ・ミエーレ、見えーれ、 さあ、これを3回唱えよう」 というツイートが流れて来て、 「エ?」 と返信しようとしたところで目が覚めた。 夢を正確に記録することよりも、ネタ文としてスムーズに読める形にアレンジする色気を優先すると、上の…

日記 2018年10月25日

私と、知り合いが少なくとも1人(誰なのか不明)。床の縁が断崖になってて、下に潜んでて時々(笑みを浮かべつつ)顔を覗かせては床に立ってる人の足を摑んで引きずり下ろそうとする暗殺者。これはアニメなどではなく実写なのに、キャストが習近平本人。「暗…

夢・2018年10月07日

10月07日の夢。 しばてつ曲みたく奏者がサインを出し合ってインプロを進めるライヴのリハがこれからある。今沢カゲロウなど、キレッキレのプロたち。私はケツカッチンでリハだけ参加。リハでも本番同様マジな丁々発止の音楽が展開するはず。「リハ」と「リハ…

プログラムされた気紛れ

最近セミが少なくなった、という感じを持ってるし、事実そうなんだろう。 ただ、経年変化=「時間」で見てということ以上に、私のいるのが住宅地の真ん中で、私自身がこのポイントからほぼ動かなくなったから、という「空間」の事情がある。 セミの時期が来…

日記 2018年08月12日

出先から徒歩での帰途、高速道路に沿って工事のフェンスが切れ目なくどこまでも続き、阻まれる。 最初は私一人。女性に出会う。 声を掛けてみると、私一人が困ってるのではなく、問題が共有して認識されてると知り、安堵する。 自宅から高速を隔てたこちら側…

酸素カプセル欲しい

私は「食べない」ことはいくらでも平気ですが、「呼吸しない」ことは比較的苦手です。 食べ物は欲望の対象ですが、「呼吸欲」の語が存在しないのは、呼吸が「文化」たりえないからです。 「自然=ピュシス」のなかで「性」は《必要》ですが、これが「文化=…

夢2018年02月19日

今しがた夢で聴いたニュース原稿: 「与野党とも雨の一日です」 もともと節付きだったのか、目覚めて反芻するうち付いたのか、定かでない。 夢の内容は忘れた。 「野党だけ雨とかあるのかよ」とツッコみつつ、メモ。