音楽

事故と方法、事故の方法、事故は方法

録画のナマ性。 録画された内容を、たんに再生する予定調和のようであって、じつはその「録画を再生する作業」の「現場」はナマである。 そのことが、アクシデントによって露わになる。 録画内容を「正しく」=「予定通りに」鑑賞できないことを怒るよりも、…

Yes "Tales From Topographic Oceans"

80分の大作がいきなりヴォーカルで始まるのが最高にかっこいいと思った。 私はプログレのCDをあまり買わない人だった。叔母の書斎でアナログ盤を聴いて過ごして判った気になってたし、メジャーどころについては、熱意のピークが、自分でCDを買い始めるタイミ…

Pierre Barouh "Sierras"

ピエール・バルーは去年2016年12月28日に亡くなった。 私はバルーを殆ど知らないけど、実家に、1984年のアルバム『Sierras シエラ』のアナログ盤があった。 とくに第1曲「Sur Le Fil 地球を綱渡り」が好きだった。 作詞:Pierre Barouh、作曲・編曲:清水靖…

クリスマス・ソング

こんな素敵な映像があったんだ: www.youtube.com ベンジャミン・ブリテン Edward Benjamin Britten「キャロルの祭典」'A Ceremony Of Carols' Op.28、1943年。 私はこれを見ると泣けてしょうがないんだけど、間違ってないですよね? この「キャロルの祭典」…

ご教示下さい。その②

www.youtube.com たとえばこれの0分22秒目「あなたと出逢えてよかった」の最後の「た」のシンコペイション(譜例①)を、小節線のタイミングでアクセントを付けてシンコペイションを無効化する歌い方(譜例②)。 J-POPに疎い私の知る範囲で、Speed、浜崎あゆ…

私の思うプログレ、私の思わないプログレ

「シュール」で当ブログを検索した結果: shinkai6501.hatenablog.com どこかで BAROCK PROJECT の悪口書いてた筈と思ってたら、それもここだった。 《(私のプログレ観について)とんがったままごちゃついて、多様な可能性に開かれて、聴き手の耳を自由にし…

続・Roundaboutを聴き直す

www.youtube.com 6分57秒目~7分02秒目。 ギターとベースの音程関係がちょっと面白いと思った。 要するに e - fis - g - a - h - c - d のスケールに沿ってるというだけのことで、その結果生じることに過ぎないんだけど。 テトラコードが3回なんだけど、その…

ご教示下さい。

端的に言って、赤で示した cis、d が、私がマスネを大嫌いな理由、マスネに審美眼・造形センスが備わっていないと断ずる理由だ。 厳しい造形意識を持つ者は絶対にやらない、まったくの蛇足。 いったん D の和音に沿って下降したメロディが、上昇に転ずるとき…

鈴木ミカさん作の指輪購入!

敬愛する音楽家鈴木ミカさんがお作りになった指輪を、購入しました。 いま写真をアップする方法を何も持ってなくて、見せびらかせなくて残念です。 こちらのお作です: mika-ishii.hatenablog.com じつは以前お写真を一度拝見したことがあって、「このサイズ…

※追記しました※ 榊みちこ「日記『ポチと鶏』」 #漢字の日 

アメブロのブログネタ(お題)「今日は漢字の日 好きな漢字を一つ、教えて!」を見た時、真っ先にある歌詞の一節が思い浮かんだ: 「愛という文字見つめて ウェディング姿を思う」 子どもの頃、叔母の持ち物のクラシックのカセットテープの余白を、1曲のアイ…

新海の新曲

soundcloud.com 「前半部」(1分45秒目まで)について。 強弱を、「作曲」や「演奏」で作るのではなく、音の自律的振舞いに任せること。音が自律的に振る舞えるように「仕掛け」を設えること。 強弱を「感情表現」から解放すること。 その「仕掛け」の基本形…

b2 さんお誕生日おめでとう

soundcloud.com 12月07日は友人 b2 さんのお誕生日です。おめでとう! 今日は、b2 さんがこの世に生まれてくれた奇蹟に感謝して過ごす1日です。 b2 さんとは、「何を聴くか」についても「どう聴くか」についても価値と語彙を共有していて、有難いです。 彼女…

ドビュッシー「遊戯」 ※本文より長い追記をしました※

ドビュッシーはストラヴィンスキー「春の祭典」に戸惑った。「方向を間違えてるんじゃないか?」みたいな評だったと思う。 これは、「感覚の自由の権化」ドビュッシーですら(「ペトルーシカ」までを手放しで絶賛してた彼ですら)戸惑うほど、「春祭」が従来…

Genesis "The Lamb Lies Down On Broadway"

11月18日は、 Genesis "The Lamb Lies Down On Broadway" がリリースされた日(1974年)。 大掛かりな曲構成トータルで世界をひとつ作り上げる志向が、'The Musical Box'(10分)→ 'Supper's Ready'(23分)と進んで、ここに至って遂にLP2枚組90分すべてを使…

#ベースの日

私の Percy Jones との出会いはこれだった。 www.youtube.com Eno "Sky Saw" 彼がイケメン紳士なのを知ったのは最近で、それまで彼の変態プレイから思い描いてたパーシーは、 こんなだった。 私はロックを「作曲」で聴く。 当ブログで「演奏」面を論じること…

Rick Wakeman 'Statue Of Justice'

こんなの下書きしてた。2016年11月26付。1年前か。 以下。 www.youtube.com Rick Wakeman 'Statue Of Justice' 、アルバム"Criminal Record" 1曲目。 6分20秒。 この曲だけの動画で真っ当なのが無かったので、フルアルバムで貼ります。 ウェイクマンのソロは…

微分音 音高

「(ニュートンが)虹を7色としたのは、当時、7が神聖な数と考えられていたからである。音楽のオクターブもドレミファソラシの7音からなる。ニュートンは美しい虹も7つの基本の色からできているとしたのである」 (Wikipedia「虹」) がんらい赤から紫へ連続…

Phil Miller

www.youtube.com 私はフィル・ミラー追悼文を書けるほど彼のことを解ってない。 彼の演奏の録音を、非常にしばしば耳にしてる割に、意識して聴いて来なかった。 今回いくつか彼の演奏を聴き直して、トーンが好きだし、実にセンシティヴなフレーズを弾く、と…

「b2」(「僕と私のバイメタル」改作改題)

soundcloud.com この曲を、お友達の b2 さんに差し上げます。 彼女は私の曲について、具体的な理由とともに評してくれて、しかもそれが的確なので、嬉しく、尊敬します。 関連記事。「僕と私のバイメタル」を打ち込んだきっかけ: shinkai6501.hatenablog.com

ゲイトタイム 100%+α

團伊玖磨作曲、丸山豊作詩、混声合唱組曲『海上の道』4.「漂着」 www.youtube.com 「河口」の、メロディを歌う楽しみ、ハモる楽しみに較べ、この曲では高度なアンサンブル力が求められる。 作曲として、「河口」の素直な和声と似つかない、脈絡の見えない転…

過小評価されてるかも知れない2枚 ※加筆しました※

① 鈴木さえ子はラヴェルかもだけど、美尾洋乃はドビュッシーだぜ。 Solid から出た美尾洋乃の2枚のソロアルバム「フルーツ・オブ・ザ・ムーン」と「クロエ」。 就中2枚目「クロエ」、音楽の不可能性に苛まれてた私は、これを聴いて、もう一度音楽の力を信じ…

私を構成する6枚

すこしまえに「#私を構成する9枚」が流行った。 「今時点の私にとってヴィヴィッド」というのとは違う。 ケツに抜かしてるもの、いや血肉化してるもの。血肉化してることを私自身意識できてるとは限らないもの。 それとの出会いによって私の世界が変わった…

#山の日

ゲルニカ「夢の山嶽地帶」 www.youtube.com こちらの動画は惜しくも最初と最後が欠けています: www.youtube.com イントロ、1つ目の動画で言って 0'18"~0'23" のメロディは、オネゲルの交響曲第4番「バジリアの喜び」フィナーレ第3楽章からの引用です。 こ…

音組織

こちょこちょ加筆したので、この際まとめて。 shinkai6501.hatenablog.com shinkai6501.hatenablog.com shinkai6501.hatenablog.com shinkai6501.hatenablog.com shinkai6501.hatenablog.com こちょこちょ加筆は今後も随時やりますが。

Syd Barrett、Donovan、そのほか ※加筆改題※

Syd Barrett "The Madcap Laughs" (1970) では、2曲目 'No Good Trying' の歌メロの出だしの動きが最高にかっこいいと思った。 ド→シ→シ♭→低いド、2つの短2度(最も狭い順次進行)に続く、短7度のいきなり幅広い跳躍進行。 シ♮で長音階を開放的に響かせ、直…

昨日の続き

昨日のドビュッシーのヴァイオリンソナタの話 shinkai6501.hatenablog.com の続きです。 第3楽章では、16分の9拍子の性急な舞曲が繰り広げられます。 etc. フィナーレの最後、ピアノパート B´ は、パッと聴き、この舞曲のヴァイオリンパートを受け継いでいる…

参照と連想 ※ちょっと加筆※

www.youtube.com www.youtube.com この2曲は、メドレーでもあるし、モティーフ的にも繋がりがある。 すなわち、'The Light Dies Down On Broadway' のイントロの gis-fis-cis-fis が、'Riding The Scree' のコーダ(3'35"~)で、音価を変えて、 と再現され…

メロディについて

この御ツイート たぶんコード(和声)やスケール(音階)について語る人は多くても、メロディ(戦慄、じゃないよ旋律)について語る人が少ないのは、実戦の世界でメロディを奏でる・創るという作業は、その人が内面にどんな語りたい世界(コスモロジー、かな…

エストニア・プログレ(カケレコさんの御記事)

kakereco.com 「バルト3国」と一括していうけれど、ラトヴィア、リトアニアはスラヴ-バルト語派、エストニアはフィン-ウゴル語派。 このカケレコさんの御記事、視聴動画にはヴォーカル曲も2曲ありますが、たしかに歌詞の言語がスラヴとは違う響きに聴こえま…

ロック

私は初めから「プログレッシヴ・ロック」ファンだった。「プログレ」や「オルタナ」をネタに、ロックの定義、ロックであるための条件を考え続けてきた。 私のアプローチが、よりロックの核心を突く場合もあるかもだけど、ぎゃくに一面性に陥ることが多いだろ…