音楽

メモ(作曲と演奏、クラシックとジャズ)

私にとって、音楽≒作曲。 クラシックでは作曲者がいちばん偉いに決まってる。演奏者の仕事は、作曲者の意図を正確に形にすることが全てだ。 と思ってるので、私のNHK交響楽団の評価は高い。身近にN響を貶す方が多いと前に書いたが、思い当たるのは、じゃあ逆…

音楽と救い 音楽は救い

「癒し」という言葉を蔑視するのは言わずもがなだが、その私が、音楽に「救われた」と発言することが少なくないのだった。 私が救われるのは、「表現」の対極にある、純粋に音の戯れであるような音楽に。 ハイドンとか。 ある時救われたくてクラウトロックに…

最初に買ったCD

私が自分で買った最初のCDは、ストラヴィンスキー「ペトルーシカ」ブレーズ/クリーヴランドか、King Crimson "Starless and Bible Black" か、どちらか。 私はプログレのCDをあまり買わない人だった。叔母の書斎でアナログ盤を聴いて過ごして判った気になっ…

小さな羊飼い

むかし武満のドキュメンタリーでワンシーン、印象に残った。 仕事場で、難しい顔でピアノに向かって作曲する武満。 響きを探り当てようと鍵盤をまさぐる指が、おもむろにドビュッシー『子供の領分』第5曲「小さな羊飼い」の一節を弾きだす。 笑ってしまった…

いろいろ記憶があやしい

私の記憶だと、ストラヴィンスキーとラヴェルは一緒にシェーンベルク「ピエロ・リュネール」(1911)の譜面を目にし、両者とも「いかん!」となり、ストラヴィンスキーは「3つの日本の抒情詩」(1913)を、ラヴェルは「ステファヌ・マラルメの3つの詩」(191…

sakaifomalhaut(酒井康志): Miku Hatsune sings "Kew. Rhone."

www.youtube.com 酒井康志氏による、初音ミクが歌う "Kew. Rhone."!! 酒井氏は作曲家、鍵盤楽器奏者、テルミン奏者、バンド 'FOMALHAUT' のメンバー(「リーダー」というご紹介で正しいでしょうか?)、バルトーク「ミクロコスモス」を全曲、ミクに歌わせ…

一緒にしてくれるな

いっぱんにどの作曲家についても、「〇〇のファン」という括りが価値の共有を保証しない。その作曲家の、どこを、どう、聴いてるのか、好きなのか。 ではあるけれども、ファンを自称する者同士の会話に最も齟齬を生じるのは、ドビュッシーだ。 それはドビュ…

武満徹「ドリームタイム」

最初に知った武満は何だったか? 実家にあったアナログ盤2枚組『武満徹~作曲家の個展~'84』か、あるいは松田洋子『薫の秘話』中のネーム〈武満徹「エアー」〉を読んだのが最初だったかも知れない。 最初に心底魅了された曲は、件の2枚組所収「ドリームタイ…

泣くポイントは懐かしさじゃない ※すこし加筆&追記※

「星の王子さま」ではみんな泣くのだ。「不思議の国のアリス」で泣けなくては! 私はジャズをまったく知らない。先日アメーバピグの音楽フロアでマイルズの 'So What' を聴かせて頂いた。このエポックメイキングな "Kind of Blue" を「ちゃんと聴いたのはこ…

平均律クラヴィアのパロディ

ふつうに泣ける。 www.youtube.com 原曲が Matching Mole だということを措いて、ふつうに。 でも、このアルバムでは他に Genesis、King Crimson、Pink Floyd、Robert Wyatt、ELP の曲がカヴァーされてるけど、どれも熱心に聴く気になれなかったので、やはり…

馴染む、理解する

この記事 shinkai6501.hatenablog.com の中程で、「それまで理解できなかったものが『理解できる状態になる』ことの内実に、『馴染む』こと以外の要素ってあるのだろうか?」と書いた。 ドビュッシーやジェネシスに音楽美の範疇を見出していた小6の耳が、シ…

散歩される音楽 ※追記しました※ ※さらに追記しました※

ライヴのアイデア。 概要 美術館か水族館のような内部構造の建物。 その各所に数十個のスピーカを配置する。各スピーカでそれぞれ別々の音の出来事が鳴り続けている。それぞれの出来事は、間欠的でもいいし、持続的でもいいし、パターンの反復でもいいし、そ…

「おばさん」の定義

テレ東の「Vの流儀」をよく見てた。 Wikiによるとこの番組名での放送は2010年10月5日~2012年3月27日なので、もう5~6年前か…(Wikipedia「ロック兄弟」の項。ちなみに私は「ロック兄弟」という番組名を今回初めて知った) V系がものすごく好きという自覚は…

静謐は信頼

国で括って、イギリスはこう、アメリカはこう、と乱暴に一般化して語りたくないのだが、ロックの聴衆の鑑賞態度については、あまりに画然と、イギリスとアメリカとの間に違いがあると見える。 アメリカの聴き手は、音楽を聴きに来てるのではなく、騒ぎに来て…

Jaki Liebezeit

ヤキ・リーベツァイトが1月22日に亡くなっていたのを、今日になって知りました。 www.youtube.com この曲のタイトルは、実家のアナログ盤の、裏ジャケでは 'Bel Air'、レーベルでは 'Spare A Light' とリストされていました。 裏打ちバスドラムにびっくりし…

「ノイズ」

以下、音楽の1ジャンルとしてのノイズ・ミュージックを鉤括弧つきの「ノイズ」と書き、一般的な意味の噪音=ノイズと区別します。 この記事 shinkai6501.hatenablog.com を、今回言い換えてみます。 「ノイズ」とは畢竟「聴き方」なんだろう。 私が「ノイズ…

なつい

私は「懐かしさ」で音楽を聴くことがない。 曲を聴くことで、その曲が発表された時代を思い出すとか、聴いた時私がたまたま置かれていた個人的状況を懐かしさを伴って思い出すとかということがない。 時代ということについては、そもそも世の中に行われる同…

アレンのソフツ

www.youtube.com www.youtube.com アレン入りのソフツの映像を私はつべに当座この2つしか見つけられないのですが(音源はもちろんいくつかあります)、他にご存じの方いらっしゃいますか?

ターフェルロックムジーク③

www.nissin.com おいしいけど、細くて、極端に長い麺のせいで、食べ方の「お行儀」に影響する。 ほどけず塊になる。 伸縮性があり、引っ張り力で切れない。 次回は、予め2つなり4つなりに割って、作ろう。 きざみ海苔の小袋が透明でないので、袋内に残ったき…

補足的メモ

この記事 shinkai6501.hatenablog.com の真ん中ちょっと過ぎの「子どもの頃は、ほんのひとかけらの音から、自前のイマジネーションで桃源郷を開く事が出来た。自分の中に埋まってる桃源郷を喚び醒ますきっかけとしてのプログレ視聴」の例。 www.youtube.com …

ウェットンについて書かねばならない。

www.youtube.com 1か月ほど前この動画で1記事準備してたのは、ジェイミー・ミュアについて覚え書きするためだった。 これを見ると、彼が如何にこの期のクリムゾンの核であったかということと、なぜ彼がこの後わずか2か月半で脱退したのかということとの、両…

David Bowie 'Moss Garden'

ボウイ命日の10日に気を取られて、誕生日の8日を忘れていた。 www.youtube.com 去年、「最も美しい音楽は何か?」という、不毛だし答えようもない問いを敢えて立てて、この曲を挙げて(アメブロで)書いたら、数時間後に訃報が入った。 「最も美しい音楽」1…

Tsinskaro または Zinskaro

【悲報】スーパーの棚から「ヤマザキよもぎ小町」のプライスカードが消えた。品切れではなく定番自体がなくなった。 さて、グルジアの男声合唱曲 'Tsinskaro' または 'Zinskaro' 。 グルジア文字での表記は知らない。 www.youtube.com ヴェルナー・ヘルツォ…

日記

この動画を教えて頂いた。 www.youtube.com 初めて聴くピアニスト。 私はショパンを全く知らないが、この曲は、ふつう、こんなに優しく軟らかく弾かれるものなんだろうか? 強弱のコントロールの敏感、ひとつのフレーズの中の各音の強弱の設定、ピアニシモの…

サイケ

つべのおすすめにこの動画が挙がって来て、私はただ歌い出し部分を「今日の空耳。」として貼ろうと思っただけだったのだ。 www.youtube.com 0'53"~1'42"「井上殴らしていいか?井上殴らすていうか、井上山荘がゆうべ寝坊した」 原詩を探したら、この Sweet …

コンクリートミキサー系

マンション建設工事がすぐお向かいで始まり、自室でその音を聴いていた。音でだけ聴いてるので、何の工具をどう使って出してる音なのかは判らなかった。 以下、私が勝手に想像した建設現場風景。 数人で槌を打つ音。1人の作業者にとってはトントントンという…

俺はロックだぜ

実家にはロキノンのバックナンバーが何冊かあった。1980年代頃のだと思う。 ロバート・フリップやビル・ブルーフォードとのインタヴューの訳文体では、語尾が「~です」、1人称代名詞が「私」だった記憶がある。 フリップ「ご存じの通りキング・クリムゾンは…

最も瑣末な関連

「映画音楽ファン」というのは有り得ない。少なくともそれは「音楽ファン」ではない。 映画に付けられた曲であるかどうかと、曲自体の音楽としての内容や音楽としての価値とは関係がない。「映画に付けられた曲だから」はその曲を好きになる理由にならない。…

メモ(テープをめぐって)

「テープ音楽」 20世紀音楽の2つの潮流、「電子音楽」と「ミュージック・コンクレート」はもともと別の、むしろ相反する立場だ。 電子音楽は音を管理し操作し組織する。そのために扱いやすく純化され馴化された「楽音」を要素とする。その意味で従来の音楽の…

泣くポイントは悲しさじゃない

本当に何故だか判らないんだけど、番組のあいだじゅう、涙が湧いてしょうがなかった。 現実としても、精神世界としても、深くて広大で豊かで気高い世界が厳然とあって、苦難の歴史を超えて若い世代に受け継がれてる頼もしさを見せつけられたから、と、ひとま…