思い出した!イヤーワームの出典

かねて折に触れ脳内で鳴り出すヴォーカルラインの断片があり、その出典が思い出せずイライラしていた。さっき突然思い出した。

 

南アジアのどこかの民族音楽だろう、と目星をつけていたのだが、まず最初に降ってきて、「思い出した!これだ!」となったのは、ストラヴィンスキー『兵士の物語』第2部第1曲「王の行進曲」の中の一節だった。

www.youtube.com

1'44" ~ 1'49" の、しゃくり上げる音形。

でも、イヤーワームはヴォーカルによるものだ。却下。

 

ところが、この「王の行進曲」が呼び水となって、直後に続けて降ってきた。Steve Hillage 'It's All Too Much'。

www.youtube.com

4'14" ~ 4'26" の歌メロ。

就中、4'22" のしゃくり上げる音形。耳に憑いて離れなかったのはこの音形だ。間違いない。

 

もちろんビートルズのオリジナルにも出て来る。4'31" ~ 4'43"。

www.youtube.com

 

「南アジアの」云々は、当たらずと雖も遠からずだった。