Noëtra ②/2

Noëtra (Noetra) ディスコグラフィ

① "Neuf Songes"  Musea FGBG 4034.AR(CD、1992年、Noetra 名義)

 録音は1979~1981年。

② "Définitivement Bleus..."  Musea FGBG 4353.AR(CD、2000年)

 録音は1979~1982年。

③ "Live 83"  Musea FGBG 4851.AR(CD、2010年)

 1983年、あるラジオ局でのスタジオ・ライヴ。

④ "...Résurgences D'Errances"  Musea FGBG 4891(CD、2011年)

 1978年、1980年、1981年のライヴ音源集。

 

③は録音・ミックスがきれい。分離が良くかつ自然な音場。

この曲は②に別録音が入ってた。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

④は全部、オーディエンス録り的な音像。録音状態は、まちまち。

4点の CD のうち、1978年という早い時期の録音を含むのは、④だけ(第1、4、5曲)。

全体に、作曲・アレンジの鬼的イメージは後退してる。このアルバムに関して、こちらの聴き方がアンビエント的になってしまうのは、じっさいそっち寄りのアレンジのものを含むからだけど、音像が大人しいせいもある。

www.youtube.com

私はこの曲のメロディ・パート(リコーダー)のひそやかさに惹かれるけど、これをもしサウンドボード録りで聴いても感動しないだろうと思う。終わり方がかわいい。

 

Noëtra のギタリストで、全曲を作曲してた Jean Lapouge の、2012年のリーダー・アルバムから。

www.youtube.com

"Des Enfants"  Great Winds GW 3152(CD、2012年)

じつは私はこっちを先に知ってた。Noëtra を、全曲、それなりにちゃんと聴いたのはじつは今回が初めてで、こんなに作曲が充実しなおかつ聴感的ソノリティが魅力的な、わたし的に切実なバンドだったのだとびっくりし、意識せずに来た手抜かりを反省して、記事にしました。