レコメン

Picchio Dal Pozzo の 2nd. アルバム "Abbiamo Tutti I Suoi Problemi"(L'Orchestra、1980年)から。

A-1 'La Sgargianza - Parte I'

A面は、

f:id:shinkai6501:20210313051435p:plain

という構成で、長めの2曲の前後と間に、3つの断片が配される。

B-1 'Strativari'

 

"Recommended Records Sampler"(Recommended Records、1982年)は2枚組で、Picchio Dal Pozzo も1曲入ってるけど、それがなぜか 'Ucchelin Del Bosco'。"Abbiamo Tutti I Suoi Problemi" にソノシートで付属された曲で、ポップで、必ずしもこのバンドの作風を代表しないと思うのだけど。

Faust、Art Bears、Stormy Six、Univers Zero、Aksak Maboul、The Work、Henry Cow、Art Zoyd、The Muffins、Heiner Goebbels、Conventum、Hector Zazou、This Heat、The Residents、Robert Wyatt などが居並ぶが、じつは殆ど記憶に残っていない。なかで、ユニークさと自由さで私の意識に引っ掛かったのが、初めて知る Amos だった。この1曲がこのアルバムでの収穫として記憶に刻まれたせいで、他の全てを忘れてしまったんだと思う。 

 

関連記事: