Rick Wakeman 'Statue Of Justice'

こんなの下書きしてた。2016年11月26付。1年前か。

以下。

 

www.youtube.com

Rick Wakeman 'Statue Of Justice' 、アルバム"Criminal Record" 1曲目。 

ウェイクマンのソロはよく知らなくて、 "Criminal Record" も初めて聴きました。

いいじゃないですかこのアルバム。

とくにこのオープニングナンバーは退屈せずに聴ける。

いったいにウェイクマンの曲は、和声が硬いというか、カデンツが在り来りで退屈な箇所が多い、という印象が先に立つのですが(このアルバムも他の5曲はそういう印象)。

 

1977年、Yes "Going For The One" 録音終了後、スクワイア、ホワイトとともに同じスタジオ(スイス、モントルーの Mountain Studios)に残って録ったものらしい。 

以前、この記事

shinkai6501.hatenablog.com

 でこう書きました:

「ドラムがホワイトに替った時、スクワイアはやりづらかったんじゃないか?と私は勝手に想像してたけど、さいきん Going For The One レコーディングセッションの動画を見て、ホワイトの対応力すげえと思った。ちょっと印象変わった。

信頼置かれて長くイエスのドラマーの座にあった理由が判る気がした。

トラックダウン如何で、ホワイトのドラムの印象は、大きく改善される筈なのに、と思う」

つまりアルバム "Going For The One" のトラックダウンは、全体が溶け合ってひとつの響きを作ってるふうで各パートの分離が悪く(リヴァーブ深すぎ!)、ことにホワイトのドラムは、ミックスレヴェルも低いし、フレーズが聴き取れない、と不満でした。

その、「"Going For The One" 期のホワイトのドラミングを聴きたい」欲を、このウェイクマンのソロアルバムが満たします。その点で貴重です。