Peter Blegvad、John Greaves

今日が「ひとみの日」と知る

Peter Blegvad 'Blue Eyed William'("The Naked Shakespeare" 所収)の動画を探すも見つからず(Slapp Happy ヴァージョンも見つからず)

代わりに 'The Wooden Pyjamas'("Knights Like This" 所収)発見(そいえばこの曲もレゲエ・アレンジという点が 'Blue Eyed William' と共通してる)

そのコメ欄に 'How Beautiful You Are'("The Naked Shakespeare" 所収)の動画がリンクされてる。番組 "Top Pop" のチャンネルがアップしたもので、この番組出演時の収録と思われる(PV ではなさそう)。音源はアルバムと同じ。映像は、終始アイマスクを付けて(口パクで)歌う Blegvad と、1人のバレエ・ダンサー、総勢2名出演。

この曲、作者的にどういう位置付けなんだろう? 世間的には、どういう評価なんだろう? "The Naked Shakespeare" のオープニング曲なんだけど、私などは、この曲は作曲もアレンジも退屈で、いつも飛ばしてた。次の 'Weird Monkeys' が実質オープニング曲、と思ってた(このアルバムは、'How Beautiful You Are' が Dave Stewart プロデュース、他は全部 Andy Partridge プロデュース)。

でも、Blegvad 的には、アルバム冒頭に置き、Top Pop で歌うくらいだから、重要なんだろう。

この曲は Peter Blegvad 作詩、John Greaves 作曲。作曲者 Greaves はこの曲をどう扱ってるか? 自身の 2nd. ソロ・アルバム "Parrot Fashions" に収録以降、別メンバーで=アレンジを大きく変えて数回録り直してるし、ライヴ映像もいろいろ上がってる(ただ "Parrot Fashions" ヴァージョンのつべは見つからず)。

以上の、こだわりともいえそうな取り上げ方から、Blegvad も Greaves も、この曲に特別の思いがありそうだけど、それは私には不可解と映る。

私が Peter Blegvad でいちばん好きな曲 '(The Ballad Of) The Green Boy'(CD*1 "Downtime" 所収)も発見。ただしUP主が勝手に付けた映像があまりに酷いので、貼らない。

そいえば John Greaves に、この曲の詩を使った別曲*2 'Le Garçon Vert' がある。"La Petite Bouteille De Linge" 所収。このアルバムはつべにほぼ全曲上がってる('Let Her Go' 1曲だけ見つかりません)。

その中で私がいちばん好きな曲を。ドラムは Pip Pyle。

www.youtube.com

*1:CD "Downtime" のボートラという扱いで、LP には入ってない。

*2:Blegvad ヴァージョンは、Blegvad のヴォーカル・パートにメロらしいメロが無く、音は Chris Cutler のドラム &c. とエフェクト処理だけで、ブックレットに

words(がそのまま music):Peter Blegvad

みたいにクレジットされてた。なので Greaves ヴァージョンは「同曲の別ヴァージョン」といっても「別曲」といっても実質同じ。