続・ラヴェル

私の聴いたラヴェル演奏の中から、好きだったものを。

 

・オーケストラ曲

私にとって「よい演奏」=「曲のことが判る演奏」。

 

ラヴェルのオーケストラ曲の演奏の聴き較べを、私は『スペイン狂詩曲』でやる習慣がある。

ブレーズは1970年代にニューヨーク・フィル、1969年にクリーヴランド管でラヴェルのおもだったオケ曲を入れてるけど、つべに上がってるのは後年の入れ直しばかりみたい。

『スペイン狂詩曲』はクリーヴランドとの1枚に入ってる。私が聴いた中ではいちばんたくさん音が聴こえてくる、各パートが分離して聴こえ、その相互の関係つまり曲のことオーケストレイションのことがいちばん判る演奏。雰囲気には乏しい。

モントゥー/LSO のものも曲を正しく形にしてる、しかも詩情を纏ってる。ドビュッシーラヴェルを入れたデッカの1枚に収録。

 

ブレーズ/ニューヨーク・フィル『ラ・ヴァルス』など、開始部の木管パートのフィーチャーのしかたが、いかにもトラックダウンで作ったみたいな音像で、ライヴでは絶対こうは鳴らない。そこがいいんだけど、他人様にお薦めするのは小澤/ボストン響だったりする。曲全体を通してのテンポ設計とか、勢いとか、なにより所要時間が短めなのがよい。でも小澤/ボストン響の録音はいったいに、分離が悪くて、オーケストレイションを絵解きするのではなく、ブレンドした結果としてのオケの音になってる。

 

モントゥー/LSO の、曲の正しい音化と、響きの「夾雑物の無さ」が、しかし『ダフニスとクロエ』(全曲)では逆に作用して、素っ気ない「やっつけ仕事」に聴こえて困った。そこの差が何なのか、言い当てられないけど。

 

私にとってかけがえないのはマ・メール・ロアの、かつオーケストラ版の、かつ「組曲」。つつましやかな小品が5つ並ぶ佇まい。

5編のひそやかなエピソードに耳を澄ますためには、前提として、静寂の水準線を引かねばならない。「バレエ全曲」のために書き足された箇所は、ときに喧騒の域にまで盛り上がって、5曲が正しく聴かれるための環境を少なからず乱してる。

演奏は、ジュリーニロサンジェルス・フィルがベスト。これほど「静寂の水準線」を引きまくってる例は他に無い。聴き手の「積極的な耳」を要求してくる。

 

あとシェエラザード。この曲は私にとって「オケ伴奏の歌曲」ではなく「ヴォーカルパートをもつオケ曲」。シュザンヌ・ダンコ(ソプラノ)、アンセルメ/OSR の、ステレオ最初期、1954年の録音。

アンセルメは他に、同じダンコ、OSCC との1948年録音、レジーヌ・クレスパン、OSR との1963年録音がある。

 

ピアノ曲

『夜のガスパール』 アルヘリッチ。

 

室内楽

『ヴァイオリンとチェロのソナタ』 アンサンブル・ヴィーン=ベルリンだと、ものすごく立派に豊かに鳴って、本来もっとギスギスした曲なんじゃないの?と思う。

 

・協奏曲、協奏的作品

『ツィガーヌ』は演奏者によってアプローチに大きな差が出るのが面白い。知的に曲を音化するのか、演奏の身体性なのか。クラシックのマスターピースなのか、民族音楽なのか。 

と、昔 BS「クラシック俱楽部」を聴いてて思ったけど、CD は有(も)ってない。

 

・オペラ

『子供と魔法』 アンセルメ/OSR。

 

・声楽(パートを含む)曲

シェーンベルク月に憑かれたピエロ』にショックを受けて、ストラヴィンスキーは『日本の和歌による3つの歌曲』を、ラヴェルステファヌ・マラルメの3つの詩』を書いた。

ラヴェルから1曲だけ選ぶとしたら、これ。

演奏は、ジル・ゴメス(ソプラノ)、ブレーズ/BBC交響楽団

これもダンコ、アンセルメ盤があるけど、ミックス・バランス的にヴォーカル・パートをフィーチャーしてるのが残念。私にとってこの曲は「歌曲」ではないのだ。

 

マダガスカル島民の歌』 ジェシー・ノーマン(ソプラノ)、アンサンブル・アンテルコンタンポランのメンバー: アラン・マリオン(フルート)、フィリップ・ミュレール(チェロ)、ピエール=ローラン・エマール(ピアノ)。

 

無伴奏合唱曲『3つのシャンソンガーディナーモンテヴェルディ合唱団。