Lindsay Cooper "Music For Other Occasions" "Oh Moscow"

f:id:shinkai6501:20210107043523p:plain

Lindsay Cooper "Music For Other Occasions"(LP、独 No Man's Land  NML8603、英 Sync Pulse Records  SP3、1986年)。

つべには、曲単体で幾つか上がってます。以下、動画の数は多いですが、曲の長さはどれもごく短いです。

A1

A3

A4

A6

B1

B2

B4

詳細は省きますが、1983~84年の間に、いくつかの仕事、ダンスや舞台のため、チャンネル4テレビのドキュメンタリーやドラマのため、に録音されたものを集めて、1985年にミックス・編集されています。

ただ、曲順が、それぞれの仕事毎に固めたものになってなくて、入り組んでます。1枚のアルバム作品として考慮された構成、ということでしょう。

参加ミュージシャンは、Chris Cutler、Georgie Born、Zeena Parkins、Dagmar Krause、Sally Potter、等々。

なお、1991年に CD 再発(独 No Man's Land  nml8603cd)、ボートラが5曲追加されています(いずれも1987年以降の録音)。つべが2つ確認できますが、ここでは省略。

 

私事ですが、ラクリモーザ(日本の)を最初に聴いた時まず連想したのがこのアルバムでした。まず、バンドを評価するのに、◯◯を連想するとか似てるとかいうのはいちばんやっちゃいけないし、次に、Henry Cow じゃなくて何故殊更 Lindsay Cooper なのかが謎です。

ところが、このことをお伝えした方から、意外にも

「的を射てる。まずメロディ重視である点、そしてそれを低音楽器でやる点。Cooper はバスーン奏者だから低音楽器をメロディ楽器と見做すセンスを自然と備えてる筈で、それは Chihiro S. 氏のベースと相通ずる」

と、好意的な返しを頂きました。

たしかに、メロディ重視というか、尖ってばかりではない。静かな詩情を湛えてる。常時愛聴する、というのは Henry Cow よりも Cooper のこのアルバムだったかも知れません。

 

A1 'Speed Of Light' と B1 'As She Breathes' で詩を書き、歌っているのは Sally Potter。

もうひとつ、Cooper の曲で、Potter がテクストを書き、歌った例として、これを。

Lindsay Cooper "Oh Moscow"

1991年ヴォルゴグラードでのフェスティヴァル "Unidentified Movement" での演奏。

Lindsay Cooper : bassoon, alto and soprano saxophones

Alfred 23 Harth : tenor saxophone, clarinet

Hugh Hopper : bass-guitar

Phil Minton : trumpet, voice

Sally Potter : texts, voice

Veryan Weston : piano

Chris Cutler : drums

directed by Sergey Karsaev