音楽と政治

「ミュージシャンは政治的発言をするな」とか言ってる奴らとごっちゃにされたら困るけど。

私はこのポイントで「音楽に政治を持ち込む/持ち込まない」を論ずる気はない。

端的に、私は「音楽に政治を持ち込むな」ではなく、「音楽に政治を持ち込めるという嘘をつくな」と言ってるのだから。

たとえば「曲」に政治的な「歌詞」を付けること。このとき、音楽に政治を「並べている」だけであって、音楽に政治を1mmも「持ち込め」てはいない。

私がこういう考えになるのは、私にとって「音楽≒作曲」だからだ。

作曲には作曲の自律がある。この自律にどこまでも誠実に厳しくあること、この「基本」を、私は絶対に譲れない。これを守ることが即ち作曲家であることだ。

雰囲気だけで語って、音楽と政治とが結び合えるものだとなんとなく思い込んでる奴。シロウトが何を言っても構わないが、数年前「音楽に政治を持ち込むなよ」がトレンドになった時、TL で目にしたプロのミュージシャンの全員が、「音楽に政治を持ち込む」ことを、問うまでもない「前提」として語ってて心底情けなくなった。

このポイント、「音楽が政治をやると必ず嘘になる」とか「音楽の本当の使命」とかをとことん問うてみたことの無い者が、果たして「音楽家」だろうか??

まさかまさか、自らの音楽への「誠実」「厳しさ」の無さの言い訳に「政治性」を持ちだして来る奴は、いないよな??

 

クラシックがベースの私と、パンクがベースの人が、スタンスを異にするのは、当然ではあるけど。

 

以上は、過去書いたことを、言い換えてみただけです:
shinkai6501.hatenablog.comshinkai6501.hatenablog.com