Picchio Dal Pozzo

www.youtube.com

0'39"~0'54"、1'25"~1'40"、8'04"~8'18"。

ソプラノとアルトが拍のオモテ、ギターがウラ、コテカン的に交互にやる箇所。

いや、サックス陣!そこスタカートでやっちゃ意味ないだろ!

ギターがテヌート気味にやってる分、余計にちぐはぐだ。

(4'34"~4'48"はアレンジが変わってるのでどちらがよいと言いきれない。)

オリジナルがこうなので:

www.youtube.com

0'42"~0'58"、1'31"~1'48"、3'28"~3'45"。

タイトルの綴りが1976年のアルバムと2013年のDVDとで違うのはどういう事情だろう?

 

「ロック歴代ライヴ・アルバムTOP10」的記事はよくあるけど、

f:id:shinkai6501:20180420105132p:plain

このアルバムくらい意義の大きいリリースは、他に思い当たらない。

それまで Picchio Dal Pozzo は2枚のアルバム、

1st. "Picchio Dal Pozzo" (Grog、1976)

2nd. "Abbiamo Tutti I Suoi Problemi" (L'Orchestra、1980)

だけで知られていた。

イタリア最高のレコメン系とされつつも、情報は乏しかった。

そこに、今世紀に入って突然この、1977-78年&1980年録音の未発表ライヴ音源を収めた、

"Camere Zimmer Rooms" (Cuneiform、2001)

が出て、センセイションを巻き起こした。

驚きなのは、

①曲自体、スタジオ盤に入ってない曲ばかり。聴き手にとっては実質「新曲」。

②録音時期が 1st. と 2nd. の中間で、音的にも、Robert Wyatt みたいな 1st. から、より先鋭化して「明るい Henry Cow」みたいになった 2nd. への変遷をはっきり読み取れる「ミッシング・リンクの発掘」なこと。

www.youtube.com