芸術は憧れる

「音楽家は自意識が言葉でなく音で出来ている、と言えるか」

との吉本隆明の質問に、坂本龍一

「言えない」

と結論づける、みたいな件が出て来るのは、村上龍「気ままにいい夜」(TVのトーク番組の単行本化)だったか?

 

数学の天才って、もしかして、数を数そのものとして考える、ということが出来るのかな?

自意識が数で出来てる、と言わないまでも。

私はどうしてもグラフ化してしか考えられない。

 

数の各桁の数字全部の和が3の倍数になればその数は3の倍数、和が9の倍数になればその数は9の倍数、という「法則」に価値はない。

10進法の中だけでしか成り立たないから。10進法の網目とのモアレみたいなもので、数そのものの性質についての考察ではない。

この過去記事

shinkai6501.hatenablog.com

で、

「私が数学に求めるのは、それ自体が自律的で、純粋な世界であること。

ヒトの身振りが関与することで、純粋な思考が阻まれることのないこと。」 

と書いた。10進法はまさに、たまたまヒトの指が10本だから採用されてる。

にしても、この「純粋」というのが訝しい。私はグラフ化なしに数を考えられない。ヒトは「数そのもの」を考え得るものなのか?もっとも純粋な最も抽象的な意味での「数」を。

 

芸術は数学や建築に憧れる。

数学や建築の土俵で争えば数学や建築が勝つに決まってる、とはいえ。

数学は、1か所間違えば論証全体が無効になる。建築は、建たねばならない。

芸術は無茶であればあるほど良かったりさえする。矛盾を矛盾のまま提出することが「表現」たりうることさえある。

 

 

自殺していいのは芸術家だけだ。

逆に、自殺という選択肢を持つものを芸術家と定義するのだ。

 

まず、哲学者は自殺してはならない。

自殺によって、業績を自ら全て否定することになるからだ。

 

職人は自殺してはならない、というより自殺するはずがない。

職人は過たない。

職人も生活を持ち、生活上の悩みがあるが、それゆえに自殺に至ってもそれは生活人としての自殺であって、職人として死ぬわけではない。

 

芸術家に死が許されるというのは、芸術を突き詰めた帰結として死を選ぶということがあり得る、という意味でだ。