Alan White "Ramshackled"

「『ラムシャックルド』を聴き通す」という成句がある。

死ぬまでに到底成し遂げられない課題のこと。また、長年の懸案を、機会を捉えて漸く片すこと。

 

音源入手はこの上なく容易である。長さは34分しかない。 

でも人生の課題の優先順位のせいで、結局、いつまでも聴き通せない。

 

名盤なのをいまさら認識。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

この1曲には親しんでた。小6少女の「プログレ桃源郷を聴きたい」欲を満たす曲調。このアルバムの売り上げは、アンダソンがヴォーカルで参加のこの1曲に大きく依存してる筈。詩はウィリアム・ブレイク

 

1975~76年、イエスのメンバーが各々ソロアルバムを出す。

私が、イエスにおいてはスクワイアが音楽担当、アンダソンがラリパッパ担当、というイメージをもつのは、夫々のソロアルバムの印象のせいもある。

ハウは、イエスにおいて、とにかくアイデアを詰め込めるだけ詰め込む。のべつ弾きまくってる。それを可能にしてるのはハウの職人性。技の多彩さでイエスに対応してるけど、気質として必ずしも彼はプログレではない。彼こそ最もソロアルバムを出す必要があった。

モラーツはイエス的とかを大きく超えて図抜けた独自の音楽性。

 

そんななか、ホワイトはどうするんだろう?と心配する向きは無かったんだろうか?

いちドラマーに徹してセッション主体のものになりそうなところだし、じっさい『ラムシャックルド』にはそういう要素もある。でも私は、曲が創意を以て書かれてることにいちばん驚いた。

上に貼った 'Avakak' が特に。この曲の作曲は、Kenny Craddock、Colin Gibson、Peter Kirtley。