「標題楽第1番」をもう一度

そうだった。

ここ
shinkai6501.hatenablog.com

で書いた、「長い距離を渡って届いてくるリディアンモードの断片」体験が、これ

soundcloud.com

の 0'27"~0'42" に反映してるのだった。

 

「『標題楽』というタイトルなのに標題がない」というツッコミを、今のところ頂いてない。

標題楽ないし描写音楽を好まない、というか解らない、その発想がない、ということは何度か書いた。「標題楽」を「交響曲」「ソナタ」の類のジャンル名として扱う。そこには私の標題楽へのナナメな思いが作用してる。

 

じつは「7月24日」が隠し標題なのです。友人のお誕生日。

酷暑の大気と、その面(おもて)に送ってよこす涼しさの欠片。涼しさの前提としての酷暑。

ツイッターの「#熱いので涼しげな自作音源晒す」も意識にありつつ。

標題楽は私には不可能、と確認する結果になった。