Genesis "The Lamb Lies Down On Broadway"

11月18日は、 Genesis "The Lamb Lies Down On Broadway" がリリースされた日(1974年)。

 

大掛かりな曲構成トータルで世界をひとつ作り上げる志向が、'The Musical Box'(10分)→ 'Supper's Ready'(23分)と進んで、ここに至って遂にLP2枚組90分すべてを使うことになる。

歌詞はゲイブリエルが1人で書いた。

DVD "Songbook" 中のインタヴューでバンクスは「そのせいでへヴィーなものになってしまった」と不満を述べてた(いま手許に無いので不正確な引用)。

この時の経緯は、Wiki日本語版によると、

「構想段階ではマイク・ラザフォードによりアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ星の王子さまをテーマとした作品にしようとの意見が提案されたがピータ・ガブリエルによって「気取っている」「おとぎ話は時代遅れだ」等と反対されてしまい、最終的にガブリエルが全歌詞を担当することとなりウエスト・サイド物語天路歴程エル・トポといった作品やカール・グスタフ・ユングアレハンドロ・ホドロフスキーの思想等をベースにラエルという名のニューヨークに住むプエルトリコ人少年を主人公としたストーリーを書き上げている。ストーリーは少年の自己を見つめる精神的旅行という内容で、その道中に少年は様々な不思議な生物に出会うという少々難解な物であり、他のメンバーはよりシンプルな内容を志向したため徐々にガブリエルとの摩擦を生むことになる」

(「眩惑のブロードウェイ」の項)

 

私がジェネシス、殊にこの『ブロードウェイ』で面白いと思うのは、語本来の意味で「シンフォニック」であること。

部分と部分、部分と全体が、有機的に関連して響き合う。ひらたく言って「モティーフの処理が巧み」。

いくつかのモティーフが設定されて、アルバムの各所で繰返し登場する。その度にアレンジや和声的意味付けが変わってる。一聴して「リプライズ」と判るとは限らないやり方で、曲を、内側から、有機的に構成する。

この記事の中で例示:

shinkai6501.hatenablog.com

 

私はこのアルバムのミックスが都合何種類あるか把握してない。

最初に聴いたのは実家のアナログ盤。

私が買ったエディション(CD)では、開始部がフェイドインという無謀な処理をされていた。

アナログ盤を聴くと、バックでブーム音が薄く持続してて、開始部のような弱奏の箇所でこれが目立つので、これへのノイズ・リダクション意識が行き過ぎたんだろう。

つべに上がってるフルアルバムのうち、2007年リマスターとなってるのは正しい始まり方:

www.youtube.com

同じ方が [Original Mix] としてお上げになってるのはフェイドイン:

www.youtube.com

ここでいう 'Original' がいったい何を指すのか、不明。

 

私はヒプノシスは好きじゃないけど、このアルバムのアートワークは、音楽の世界を正しくヴィジュアライズしてて良い、と思う。

f:id:shinkai6501:20171116101749p:plain

f:id:shinkai6501:20171116101812p:plain

サイトをなぜか埋め込みにできない:

The Lamb Lies Down On Broadway - album 1974

#ベースの日

私の Percy Jones との出会いはこれだった。

www.youtube.com

Eno "Sky Saw"

 

彼がイケメン紳士なのを知ったのは最近で、それまで彼の変態プレイから思い描いてたパーシーは、

f:id:shinkai6501:20171111062929p:plain

 

こんなだった。

f:id:shinkai6501:20171111063012p:plain

 

 

私はロックを「作曲」で聴く。

当ブログで「演奏」面を論じることが殆ど無いのに今更呆れる。

 

同様に「バカテク」とされる Gentle Giant と Yes の、しかしその内実には大きな差がある。

GG の長所は「アンサンブル能力」であって、個別のプレイヤー、例えば Ray Shulman を「好きなベーシスト」として挙げることは難しい。

(Kerry Minnear はわたし的に別格で、「いちばん好きなキーボーディスト」だけど)

 

較べて Yes は「ソリストが5人いる」みたいなバンドだ。

Chris Squire のベースは、音色がガキゴキしてるとか、速弾きとか、特徴はいろいろあるけど、「ゴーストノート」も特徴だと思う。一聴単純なフレーズも実は微細にカウントされてる、みたいな。それが「きびきびしたグルーヴ」の秘密、みたいな。

'Roundabout' はそれがよく聴き取れる曲・録音なので、貼っておく。

曲としては私は全然好きじゃないけど。

www.youtube.com

 

曲としてはこれが好き。

www.youtube.com

 

 

去年2016年の今日は、この記事を書いてた:

shinkai6501.hatenablog.com

Rick Wakeman 'Statue Of Justice'

こんなの下書きしてた。2016年11月26付。1年前か。

以下。

 

www.youtube.com

Rick Wakeman 'Statue Of Justice' 、アルバム"Criminal Record" 1曲目。

6分20秒。

この曲だけの動画で真っ当なのが無かったので、フルアルバムで貼ります。

 

ウェイクマンのソロはよく知らなくて、 "Criminal Record" も初めて聴きました。

いいじゃないですかこのアルバム。

とくにこのオープニングナンバーは退屈せずに聴ける。

いったいにウェイクマンの曲は、和声が硬いというか、カデンツが在り来りで退屈な箇所が多い、という印象が先に立つのですが(このアルバムも他の5曲はそういう印象)。

 

1977年、Yes "Going For The One" 録音終了後、スクワイア、ホワイトとともに同じスタジオ(スイス、モントルーの Mountain Studios)に残って録ったものらしい。 

以前、この記事

shinkai6501.hatenablog.com

 でこう書きました:

「ドラムがホワイトに替った時、スクワイアはやりづらかったんじゃないか?と私は勝手に想像してたけど、さいきん Going For The One レコーディングセッションの動画を見て、ホワイトの対応力すげえと思った。ちょっと印象変わった。

信頼置かれて長くイエスのドラマーの座にあった理由が判る気がした。

トラックダウン如何で、ホワイトのドラムの印象は、大きく改善される筈なのに、と思う」

つまりアルバム "Going For The One" のトラックダウンは、全体が溶け合ってひとつの響きを作ってるふうで各パートの分離が悪く(リヴァーブ深すぎ!)、ことにホワイトのドラムは、ミックスレヴェルも低いし、フレーズが聴き取れない、と不満でした。

その、「"Going For The One" 期のホワイトのドラミングを聴きたい」欲を、このウェイクマンのソロアルバムが満たします。その点で貴重です。