Phil Miller

www.youtube.com

私はフィル・ミラー追悼文を書けるほど彼のことを解ってない。

彼の演奏の録音を、非常にしばしば耳にしてる割に、意識して聴いて来なかった。

今回いくつか彼の演奏を聴き直して、トーンが好きだし、実にセンシティヴなフレーズを弾く、と再確認した。

 

非常にしばしば耳にしてるのは、Matching Mole → Hatfield And The North → National Health のギタリストだったから。

ハットフィールズ、ナショナル・ヘルスは私にとっては「デイヴ・ステュアートのバンド」なのだ。

ギターよりキーボードに興味があるというより、演奏より作曲に興味がある。そしてステュアートの構築的作曲に興味がある。

私個人の好みもそうだし、ステュアートと組むということは、そういうことなんじゃないか。2つのバンドはどちらもキーボードだけで既に曲の構造を作ってしまってて、ギターは「添え物」…というと言い過ぎだが。

ミラーのソロアルバム "Cutting Both Ways" (1987) で好きだったのもステュアート曲だった。というかステュアートが参加してるから買ったのだった。とても制覇しきれないカンタベリーの夥しい録音物の中から枚数を限るのに「ステュアート参加」が基準のひとつだった。

ミラー自身のバンド、In Cahoots を私は2枚しか聴いてないが、上述の私の関心に引っ掛かってくる音ではなかった。

 

フィル・ミラーと聞いて真っ先に思い出すのが、この動画の6'30"目、

主題の再現を弾けてない彼

なのが辛い(3'49"目で出を1拍間違えるジョン・グリーヴズとともに)。

www.youtube.com

メモ(微分音)

微分音のスケールをひとつ設定して、つまり外枠を設定して、それに沿う、というのはつまらない。

平均律の外枠に沿うのと大差ない。

 

ピッチはスケールで階段的にではなく、連続的に変化するものであるという前提。

 

声部 A のある箇所のノート a があるピッチを取る。

それに対して声部 B のノート b がハモってくる。

その時に、b がピッチを決めるのに、スケールの中での位置付けではなく、a との関係によって、なされる。a に対してどういうインターヴァルでハモるのか。純正3度なのかそれより広めなのか狭めなのか。

その場その場の関係。

 

あと、ピッチというものは、和声のためのものであるほかに、倍音として重ねられたり、モデュレイタとして働いたりして、音色を作るためのものでもある、ということ。

「b2」(「僕と私のバイメタル」改作改題)

soundcloud.com

この曲を、お友達の b2 さんに差し上げます。

彼女は私の曲について、具体的な理由とともに評してくれて、しかもそれが的確なので、嬉しく、尊敬します。