#初デート映画

映画はデートコースじゃない。1人で出掛けて、作品と1対1で向かい合うものだ。関係を結ぶのは「私」と「作品」とだ。隣席の彼氏とじゃない。赤の他人ならいないものと扱えるが、知人に隣に座られたら、どうしたってそこに関係が生じる。彼氏は、作品への集中力を乱す「ノイズ」だ。作品以外のものとの間の関係に気を散らすことは、作品への冒涜だ。

異論のある方は、映画をデートに使うことの意味を私に解らせるために、私を映画に誘うといい。誘って下さい。

エストニア・プログレ(カケレコさんの御記事)

kakereco.com

「バルト3国」と一括していうけれど、ラトヴィア、リトアニアはスラヴ-バルト語派、エストニアはフィン-ウゴル語派。ヴォーカル曲視聴も2曲ありますが、たしかに言語がスラヴとは違う響きに聴こえます。

音的に、独特の透明感で各バンド共通してるようですが、それを以て(東欧というより)北欧的、といっていいのかは判りません。 

「バルト3国」の中でのエストニアの独自性、「スカンディナヴィア」の中でのスオミの独自性。寧ろエストニアプログレをペッカ・ポーヨラやアンシ・ティカンマキの文脈で聴いたりして。

ロック

私は初めから「プログレッシヴ・ロック」ファンだった。「プログレ」や「オルタナ」をネタに、ロックの定義、ロックであるための条件を考え続けてきた。

私のアプローチが、よりロックの核心を突く場合もあるかもだけど、ぎゃくに一面性に陥ることが多いだろう。私は形容詞無しの「ロック」ファンだったことは一度も無かったかも知れない。

 

ポール・マッカートニーは、出音的にどんなにロック的な曲をやってもロックと思えないし、早川義夫はアコギ弾き語りでもロックだと思う。

 

ロックの日にツイートする1曲というと真っ先に思い浮かぶ曲。形容詞無しの、剥き出しの「ロック」って、こういうことかな?と:

www.youtube.com