Fairground Attraction、Mark Goldenberg、Gustav Mahler

Fairground Attraction の 'Fairground Attraction'。

www.youtube.com

UP に感謝です。が、音質が悪いです。

Fairground Attraction は、ジャズ路線とフォーク路線の2本立てなところが Everything But The Girl に共通する、と思ってました。

↑の 'Fairground Attraction' はそういう定型に収まらなくて、ユニークさで印象に残ります。

 

連想で。

www.youtube.com

Mark Goldenberg 『鞄を持った男(L'Homme À Valise)』 所収。

動画の説明に、サントリーローヤル「ガウディ編」の CM に使われた旨書かれてます。

これか。

www.youtube.com

こっちのアレンジのがいいじゃん。

Aメロのクロマティックなヴォイシングが、ハープシコード的音色よりも、こっちの持続音によるほうが、はっきりします。

 

シリーズでいろいろある。この曲も『鞄を持った男』所収。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

私はマーラー大地の歌』はショルティシカゴ交響楽団で聴きましたが、これは別演奏。

こちらの御記事

odd-hatch.hatenablog.jp

によると、ジュリーニベルリン・フィルテノールはフランシスコ・アライサ。

ショルティだと、ザッハリヒでシャープであり過ぎて、CM の趣旨にそぐわなそう。

 

サントリーローヤルの CM は4本シリーズだそうで、4つ目「ファーブル編」は30秒ヴァージョンがつべにあるけど、省略。ちなみにこれも音楽は Mark Goldenberg。

アルバム『鞄を持った男』は、日本の Kitty Records からリリースされたもので、全12曲中サントリーの CM 関係の曲が5曲を占めます。先に CM があって、アルバム用にアレンジし直された、という順序のようです。