なぞなぞと夢への補遺

この記事

shinkai6501.hatenablog.com

への補遺。

 

Q. 垓下には soccer のフィールドが何面あったでしょう?

A. 4面

 

垓下は地名、「四面楚歌」の故事の舞台です。

soccer を原綴で示したのは、 カナ表記「サッカー」ではなぞなぞが成立しないからです。

 

 

この記事

shinkai6501.hatenablog.com

への補遺。

 

「さっきの夢のシーン②」では、体育館が倒壊したのだから騒然となりそうなものだけど、「悲鳴すら聞こえねえ」。

一瞬で総員が致命的ダメージを負ったので。

このとき夢の中で私は、あることを連想してた。

 

むかし、これは夢の中ではなく現実に、核爆弾が炸裂した直後の世界の「音」を想像してみたことがあったのだった。

ふつう、街の中で爆発が起きると騒然となる、と想像する。被害者や目撃者の悲鳴、逃げ惑う足音、ややあって緊急車両のサイレン、ジャーナリストのヘリコプター。

核爆発だとそうはならない。半径数キロメートルの範囲の、生きて動くものがすべて、なくなる。

8月の蝉時雨が止まる。

騒然と反対の、完全な沈黙。

被弾した者とそれを救助する者がいるのではなく、全員が犠牲者。悲鳴を上げる者はいない。