ちょこざいなメトロン星人

最近「メトロン星人」というワードが、ツイッターのタイムラインに、各方面から、流れてくる。流行ってるのか?

 

この子か!(写真右)

f:id:shinkai6501:20180710022838p:plain

ウルトラセブン』のワンシーンだそうです。

f:id:shinkai6501:20180710022901p:plain

魚が直立するようなフォルムから、『不思議の国のアリス』の登場人物 Fish-Footman ってこんなじゃなかったっけ?と思った。

でもそれは本文からのイメージで、挿絵は、改めて確認すると、Tenniel のも Peake のも、それほど直立してない。

f:id:shinkai6501:20180710023335p:plain

f:id:shinkai6501:20180710023349p:plain

むしろ倉橋由美子『大人のための残酷童話』に出て来る人魚姫のイメージに近いかも知れない。倉橋童話の人魚姫は、上半身が魚、下半身が人間。

 

 

ツイッターといえば、某大阪市長のツイで「ちょこざい」というワードを見た。

この単語の用例は『一千一秒物語』しか思い出せない。

 

「この不良少年」

「なにをちょこざいなお月様」

 

だったかな?

「ちょこざい」という罵り語と「お~様」という敬い語の併用。

ガチの取っ組み合いになるという時に、相手を「お月様」と呼ぶのが、粋で、印象に残ってる。

 

一千一秒物語』を、「空気」込みで、最もうまく映像化してるのは、これだと思う:

www.youtube.com