日記(夢)

夢 2022年01月09日(ワン・シーンだけ)

ご婦人が、次の急行で行くという。温泉旅行? 私もご一緒する。
プラットフォームに立つと、なるほど急行列車が入ってくる。濃紺に黄色のストライプの車体は、ボンネットとかの特別な形ではなく、普通列車と同じ型のイロチ、みたいの*1
乗り込む段になって、自分が軽装で、もう1枚上着を持ってかないと夜寒くて困る、と気付くが、今から取りに戻る時間は無い。

車体のデザインは JR のものだが、プラットフォームは東急目黒線の地上駅の下り線の佇まい。目黒方面からカーブを曲がって見え始める。


前日08日、チャットで友人に、某地方都市に移ることになった経緯をざっくり説明した。
長らく連絡を取ってない親戚の老夫婦が相次いで亡くなって、住み手のいなくなった家に私が住むことになった。
去年08月に遺品整理のお手伝いに伺った時、CD プレイヤーに CD が入れっぱになってて、昔、ご婦人のお誕生日に私がお送りしたものだった。
という話。

そのご婦人が夢に出て来たのだった。

ツイッターの夢ばかり、と思いきや、こんな、場面があり生身の人物が登場する夢も見てた。


あと、先日の夢で「ねんごろ」に註が付いて「=としごろ」とあった。正しい!と思った。

*1:鉄道ファンの方にツッコまれそうな表現。