カバ

カバはサハラ以南のアフリカのいきもの。もともと日本にいなかったのだから「河馬」は訳語にちがいない。

 

ja.wiktionary.org

「1817年までに編纂されたドゥーフ・ハルマに、オランダ語revierpaardrivierpaard の古形 < rivier(河)+ paard(馬))の訳語として現れる」

 

ここに貼らないけど、ある記事によると、学名「カバ」は

「ドイツ語でFlusspferd=Fluss(河、川)+Pferd(馬)から来ているようです」

 

英語 hippopotamus はギリシャ語 hippopótamos の借用で、これは hippo(馬)+ potamós(河)。

 

オランダ語 rivierpaard、その古形 revierpaard、ドイツ語 Flusspferd、英語 hippopotamus、いずれも「河の馬」であり、この発想はいずれもギリシャに端を発する、というかギリシャ語 hippopótamos を、訳したり、借入したりした、ということなんだろう。

上に触れた記事によると

「エジプトのカバを説明する際に Herodotus(ヘロドトス)が用いた学術語だそうです」

 

ちなみにその記事で目から鱗だったのは

「meso」(中間)+「potam」(川)+「ia」(地名接尾語)

で、hippopotamus と mesopotamia が potam を共有してるのだった。

 

f:id:shinkai6501:20191208161430p:plain