Regular Music

Regular Music Regular Music

1985年、Rough Trade。

www.discogs.com

実は今の今までドラムで Charles Hayward がいることを知らなかった。

作曲は Jeremy Peyton Jones。

Discogs を見る限り初発LP以降再発はなく、CD化もされてない。

 

追記(2020年03月25日)始め

2019年09月30日にリマスター CD が出ました。

オーストリア Klanggalerie - gg313。

収録曲は LP と同じ。

追記終わり

 

これ

www.youtube.com

はLP1曲目の後半部分だけど、正確には、1987年のこのオムニバス

www.discogs.com

所収のヴァージョン。ドイツ語?で歌ってる。オリジナルは英語。

ピアノの e 音の連打・持続の周りをコードがC→A→E♭→F♯と経巡り、つまり全体がコンディミ(この場合「メシアンの『移調の限られた旋法第2』」というべき)に収まるさまに、陶然となる。

 

このオムニバスの参加アーティストは他に、

The Remotobs

Etron Fou Leloublan

Joseph Racaille Et L'Ensemble Guillaume De Rachaux(なんちゅう名前…)

Skeleton Crew

Virgule IV

Les Batteries(Charles HaywardEtron の Guigou Chenevier がいる。もう1名 Rick Brown を私は知らない。バンド名どおりドラムが3人という編成)

Pascal Comelade Et Le Bel Canto Orquestra

 

Festival MIMI のことは全然知りません。この1986年が第1回、今も続いてる模様。

知らないで済まされない重要なフェスなんだろうけど。1987年の第2回には After Dinner、Cassiber、Julverne などが出てる*1

 

私は Regular Music は上に貼った 'Idyllic Rhythms' 1曲あればいい。Jeremy さんの作曲は私には退屈。

でもつべで確認出来る限りを貼っておきます。

www.youtube.com

www.youtube.com


 

Jeremy Peyton Jones Regular Music Ⅱ - North South East West

というのがあるのを今知った。1996年。

www.discogs.com

つべには、BGMとして使われてるものしか無い。

'Wardance II' が使われてるもの:

www.youtube.com

'North South East West' が使われてるもの:

www.youtube.com

奇しくも似たコンセプトの動画がふたつ。 

'Purcell Manoevres No. 2' が使われてるもの:

www.youtube.com

 

2012年のこういうのもあった。なるほど Hayward がいる。

www.youtube.com

*1:追記 2020年02月02日

After Dinner "Souvenir Cassette"、"After Dinner" (1991) の後半 'Live Editions' に、MIMI でのライヴが収録されてますね!データ把握してなかった。