ディジュリドゥ カンテレ

ディジュリドゥ didgeridoo、didjeridu は、私自身の固定観念からすると、また西洋の楽器分類の慣習に照らしても、管楽器だ。発音原理上の分類は金管楽器

これが、アヴォリジニのあいだでは打楽器に分類される、とむかし聞いた。咄嗟に腑に落ちなかったが、たしかに、基音に関する限り音高が一定で、メロディの要素よりもビートが強調されることを思えば、用途・機能としては打楽器だ。

 

このことについて5年前、マーキー・ジョモラ 氏(ヘニュード・イオンカ(アイヌ民族ディジュリドゥ)の製作、演奏)に教えて頂いた。

ジョモラ氏がこの動画

www.youtube.com

をツイートなさってて、それへの私のリプへのリプを頂戴した。

 

 

カンテレ kantele について。

5年前、民族楽器専門店トーザイ@tozaimusic さんがこの動画

www.youtube.com

をツイートなさってた。

音階の全部の音が開放弦で並んでて、不要の音を左手指でミュートして、右手でストロークすることで和音を出す、ということがよく判った。

 

www.youtube.com

スオミのフォークグループ Suden Aika撥弦楽器カンテレと擦弦楽器モラハルパ(moraharpa、スウェーデンの楽器。ニッケルハルパ nyckelharpa の前身) が使われてる。

 

 

過去ツイ掘ってて見つけたネタ2つでした。

 

続き的関連記事:

shinkai6501.hatenablog.com