桜餅はプログレ

今年最初の桜餅を買った。

 

桜餅ああ桜餅桜餅(桜餅は春の季語)

 

そのお店では「桜餅」と「道明寺」を売ってた*1

これは我々アズマビト的に、正しい、というより正誤意識以前に「あたりまえ」の、分類、桜餅観だ。

 

f:id:shinkai6501:20180228193121p:plain [fig. 1]

 

これが、こう

 

f:id:shinkai6501:20180228193218p:plain [fig. 2]

 

で、我々の桜餅は「長命寺桜餅」だという認識の更新は、人生の半ば、ふとした偶然によって齎される。[fig. 1] の認識のまま生涯を終える者も多い。

 

我々アズマビトはもともと「桜餅」と「道明寺」の両方を知ってて、認識の更新における我々の戸惑いは「カテゴライズの修正」にある。

ところがミヤコビトの事情は、これをひっくり返したもの、というわけではないみたい。

彼らは「長命寺」を見たことがない。

彼らが桜餅分類の議論の場に引き出された時の戸惑いは「これも桜餅やったん?」「ウチらの桜餅は桜餅の下位分類で、『道明寺』ゆう名前やったん?」ではなく、「何やこの春巻みたいな物体は??」である。

 

以前この記事

shinkai6501.hatenablog.com

の後半「②叙情」で書いた通り、私は、食べ物については、素材の質感を残すものを、抽象度の大きいものよりも好む。

アズマビトながら、じつは2択なら道明寺を選ぶ。

 

f:id:shinkai6501:20180228195333p:plain [fig. 3]

 

我々、という一般化はこの場合避ける。私のプログレ観はこうである。

 

f:id:shinkai6501:20180228195529p:plain [fig. 4]

 

こうではなく。シンフォビトからどう見えてるかは知らない。

*1:ふつうの日本語でいうと「~が売ってた」。