夜のガスパール

ラヴェル「夜のガスパール」をカザドシュの演奏(1951年)で探したら、つべにはこれしか上がってなかった。アロワジュス・ベルトランの原詩を英訳して朗読したもの(1963年)と交互に入ってる。

www.youtube.com

第2曲「絞首台」のイラストはベルトラン自身によるもののようだ。

これが気に入ったので、今回記事を書いてるようなもの。

ラヴェルピアノ曲はカザドシュの全集でまとめて聴いた。「夜のガスパール」も有難がって聴いてたけど、今は、アルゲリッチがあればいいや。

偏見に基づいて言うんだけど、カザドシュやギーゼキングドビュッシーラヴェルは、まずもって、一世代前のコルトードビュッシー演奏が付加したロマンティシズムを洗い落とす「アンチテーゼとしての存在意義」だったんじゃないか?

時代は下るけど、J. P. コラールによるラヴェル全集などはまさに、たんにザッハリヒでさえあれば有難がる風潮が当時あって、その中で評価されたのでは?私の中でコラールは「ベロフの共演者」以上の意義が無いんだが。

 

 

マリウス・コンスタンによるオーケストラ版があるのを今知った。一応貼っておく。

www.youtube.com

この動画の解説にコンスタン版は1988年とあるが、Wiki 「夜のガスパール」によると1990年。

この解説には他にも問題がある。Eschenbach の綴りが間違ってる。どこのオケか書いてない(おそらくパリ管)。

 

これを聴く者の関心はただひとつの点にある。

ピアニズムの極致である「夜のガスパール」をオケに置き換えることに、どんな意味があるのか?どんな方法が可能なのか?

一聴後の感想は、無難で、とくに突っ込んだことはやってない、かなあ?

弦の音が勝ち過ぎてるし。

ただ、Wiki に、わたし的にちょっと意外なことが書いてあった。

ラヴェル自身もこの曲にオーケストラ的な響きを想定していたようである。その例証として、この曲の解釈についてラヴェル本人から説明を受けたことのあるピアニストのヴラド・ペルルミュテールによれば、ラヴェルは説明の際に、特に表現については具体的なオーケストラの楽器の名前を持ち出して例示したといい、ペルルミュテールが校訂したラヴェルピアノ曲集には、そういったラヴェルの例示が記入されている」

むろん、「オーケストラ的な響きを想定」と、どこまでも「ピアノ音楽」であることとは、矛盾とは限らない。

このコンスタン版を聴くにつけ、いよいよますます謎なのは、ラヴェル自身が「ピアノ音楽」をオケに移すと、まるで最初から「オーケストラ音楽」だったみたいに鳴ることだ。就中、組曲マ・メール・ロア」。

 

コンスタンは、現代曲(自作曲含む)を指揮して少なからぬ点数エラートに残してる。わたし的にはオアナ「フェードルのための表節文字」が重要。コンスタン自作「狂気への賛辞」も、表現主義的オーケストレイションが面白かった、という印象。