夢 2020年05月14日

断崖に張り付くように設置された滑り台を降りる。水が流れてるのでウォータースライダー。

競技のようでもあり、このコースを抜けてどこかへ抜ける、次の場面へ進もうとしてるようでもある。

競技としては、水泳競技に分類されるのか。鈍色の金属でできた、直線で、垂直に近い傾斜、全長=落差10メートルくらいの、ヒト一人分の幅のコース×3が選手1人に割り当てられ、3人で競う。つまり9つのコースが横並びになってる。コースにある障害物を取り除くとか、ポイントを獲得するとかして、少しずつ降りる。私はそれを正面から見てて、いちばん右端のコースに障害物としてあるウィンナーのかけらを取り除く。でも同時に私自身は真ん中のコースの選手でもある。

「で、結局どうなったら勝ちなの?」いちばん下まで滑り降りることはできる。でもそれが勝ち、ではないし、楽しめる要素も無い。コース途中に楽しい抜け道があるのでもない。バカバカしくなってクイットする。私は国の代表だけど、知るもんか。コース頂上の裏手に3畳分くらいの空間がある。四方を高さ2メートルの岩壁で囲まれ、真ん中に岩がでんとあるけど、岩の裏側に回り込むと天井が開いてて、壁を乗り越えて外に出る。

置いておいた掛布団が持ち去られずにあったのは奇跡だ。丘が連なる地形の広大な芝生の公園の、谷筋に舗装道路。「今日は路上で寝て怒られました。昨日は〇〇で寝て怒られました」歩くが、目的地はどこなのか?丘の上にある飲食店の保有する、在庫あるいは何かの権利のうち、何割かは昨日からの持ち越しあるいは一般からの寄付で、それが何かの正当性の保証であるらしい。

#安倍はやめろ

ツイッターハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」をタイトルにしていましたが、この記事を書いたきっかけがこのハッシュタグを含む御ツイートだからというだけの理由でした。法案への抗議とこの記事内容は切り分けねばならず、不適当なので、改題しました。

 

 

画像にあるもうひとつの「ゲームをするなら必ずのび太に勝たせる法案」も、私が安倍についてずっと思って来たことそのままだ。

きっと子どもの頃からルールに従っては勝つことが出来なくて、そこでズルをしたりルールの方を変えたりして勝って来てて、それを出来ちゃう立場にいて、首相の座に就くところまで来ちゃった人なんだろうなあと。

遂にゲームを「楽しむ」ということが無かった人。ゲームを「楽しむ能力」を培う機会を持てなかった人。

 

私は普段は、憎い相手を消す時には、じっくり苦しめて、こっちが憎んでることを思い知らせてからにするのだけど、安倍に関しては、とにかく即刻取りのけたい。消えてくれればいい。

 

敵同士であっても、ある価値が共有されてる、言葉が通じるという「信頼関係」が前提にある場合には、勝ち方負け方がある。

安倍に対してはすべての言葉が「徒労」に終わる。オトシマエを付けさせる手段を、別に講じなければならない。私たちが力を結集できることは、デモで証明済みだ。

夢で Henry Cow の MV を見た

夢。

Henry Cow 最初期のヴィデオを見ている。ライヴをそのまま収録したフッテージではなく、スタジオ録りのオーデイオに路上で撮った演奏のフリを当ててある。20分くらい。

知ってる(実在の)曲は無かった。一部は先日ある方がブログで貼ってらした(と、夢の中で思った)。

片側1車線くらいの幅の道路の歩道上で、建物を背にして横に並んだ奏者を、車道を隔てたくらいの位置と距離感で見てる。編集で手元アップや俯瞰のカット。

 

憶えてることはいくつかあるが、就中、具体的に印象深く憶えてるし夢の中で「ここがキモ!」と思ってたしアイデアとしてじっさい使えそうなのは、以下のシーン。

3~4人の薄めのアンサンブルに、途中から歩道を進んできた数人編成の軍楽隊が右からフレームインして来て、曲アレンジ的にも合流する。厚いアンサンブルになる。左にフレームアウトする。

俯瞰は、このシーンを全体像として捉えるための撮り方だった。

音はスタジオでメンバーだけで録ってるのか、それともゲストが参加してるんだっけ?など思う。

 

ロケーションは、いつか写真で見た、福岡市南区、国道385線(みやけ通り)が今の立派な大通りになる前の、大橋と三宅のあいだ辺りの長閑な様子。東側の歩道で演奏してるのを西側から見てる。なんだけど、途中から、吉祥寺サンロード商店街(吉祥寺駅北口からシルバーエレファントに向かう途中のアーケード)。