Arif Mardin 'Forms'

Arif Mardin のリーダー・アルバムは3枚ある。

Glass Onion (1970)

Journey (1974)

All My Friends Are Here (2010)

 

2nd. "Journey"(作曲、アレンジ、プロデュース:Arif  Mardin)のラスト曲、'Forms'。

www.youtube.com

このアルバムは腕っこきを集めて、曲ごとにメンバーを入れ替えてるようだけど、'Forms' のパーソネルは Discogs によると、

Bass – Tony LevinCello – George RicciDrums – Stephen Gadd*Electric Piano – Pat RebillotPercussion – Ted Sommer*Tape – Ilhan MimarogluTenor Saxophone – Michael BreckerTrumpet – Randy BreckerViolin – Gene OrloffVoice – Urszula Dudziak-Urbaniak*

です。曲によって Ron Carter とか、Billy Cobham とか、Hubert Laws とか。

 

私の Arif Mardin 認識の順序は、こんなだった:

Richard Harris が Kahlil Gibran の "The Prophet" を朗読したアルバムの音楽を書いた作曲家

つべには Arif Mardin 作の曲がたくさん上がってるけど、スタイルが多様で、どれも面白くて、人物像を把握できない

Gordon Haskell の 2nd. ソロアルバム "It Is And It Isn't" のプロューサー、アレンジャー

米アトランティックのプロデューサーとしてもっともっとメジャーの仕事を、あらゆるジャンルに亘ってしてる人なのだった、アリーサ・フランクリンとか

 

全く別の曲調と思ってた2曲がどちらも同じ "Journey" 収録曲だと今回知ってびっくりしてたりする。

 

関連記事:
shinkai6501.hatenablog.com