使命なき身体を治す

呼吸困難でもないのに、流れで、今月13日から20日まで大げさな入院になってしまってた。

 

最先端医療で治し過ぎるくらい治して頂いて、使命をもたない身体を持て余している。

 

退院時、身体の水が全部入れ替って別人になった感覚で、後半生を別人として送ることになると思われたが、以前の私を取り戻した。数日かかった。

 

退院時の異常は、

耳の中の「しーーん」音が大きくなってたこと(寝起きの耳には「ばたばた」)、

絶対音感が狂ってた(ピッチが下がって聴こえる)こと。

原因として疑われれるのは、

1週間の点滴(薬と生食)、

病棟は静かだったけどそれでも、機器のノイズ(持続する作動音と各種アラーム音)のバックグラウンドに晒され続けたこと、

1週間完全に音楽(普通の意味での、つべやCDで聴く「曲」)から離れたこと。

 

音楽からもSNSからも完全に離れたことが、それ自体は全く困らなかった。実際の不便も、気持ちの上の焦燥も無かった。そのまま戻らない、でもよかった。戻ったけど。

もともと日常、私はなるべく音楽を聴かない、というか流さない人だ。必要な曲を、キッとなって集中して聴く。のべつ部屋に音楽を流す、とか絶対しない。

「反好事家八分音符氏」をていねいに読む時間を取れてよかった。

 

こじこな「ラムレーズンパイ」が、現世に戻ってきた理由だと、悟った。

www.cozycorner.co.jp

f:id:shinkai6501:20180928204243p:plain