流線型プログレ

www.youtube.com

私が最初に聴いたジェネシスはこの曲だった。叔母のアソートしたオムニバスカセットテープの中の1曲だった。

ジェネシスって、インストバンドで、作曲よりも音響の実験だったり、疾走するバンドサウンドでありつつやはり音響的なカッコ良さだったりのバンドなのだ、というイメージを形成した。

のちにアルバム "Trespass" "Selling England By The Pound" を聴いて、先のイメージと真逆なのに戸惑いつつ、「本来の」ジェネシスにも魅了された。

ヴォーカリストピーター・ゲイブリエルがフロントで、先ず以て作曲勝負のバンドで。

まったくこの 'The Waiting Room' はジェネシスにあって異色で、3分目からのキーを G に固定しての即興性など、ここからジェネシス本来の特質である変幻自在、微妙で大胆なコード進行や転調を想像するのは無理である。

 

このカセットには「流線型ロック」というタイトルが付いていた。服部良一「流線型ジャズ」に倣ったのだろう。「'The Waiting Room' 3分目~」的な、疾走する「カッコ良さ」勝負で、それが、凝ったコンポジションに優先する、という括りでのアソートと思われる。

ほかに、こんな曲が入ってた:

www.youtube.com

Todd Rundgren の1975年のソロアルバム "Initiation" から。

B面全部を使った組曲 'A Treatise On Cosmic Fire' は、35分間切れ目なく演奏される。'Intro - Prana' はその冒頭。この動画では編集で4分57秒目から 'Outro - Prana' の終わり部分(=組曲の終わり部分)25秒間が繋げてある。

この曲のコード進行って、モードジャズ由来なのかなあ?

にしてもこの動画、やけにサイケな映像ですねえ。

 

www.youtube.com

このアルバムは曲によってパーソネルが違う。'Anne Of Cleves' では、Dave Wintour ベース、Mike Egan ギター、Alan White ドラム、Frank Ricotti パーカッション。

「疾走感」のためにはビルよりアランだな。

 

www.youtube.com

アメーバピグの音楽フロアでよく掛けた。「しんかいがパンクとは珍しい」と言われた。

えっ?! Wire ってプログレじゃないの⁇

いつも言ってることだけど、1970年代終わりにプログレの精神を受け継いだのはポストパンク~オルタナだった。UK ではなく。

Wire はそれを判りやすく示す例かもしれない。

 

www.youtube.com

カセット「流線型ロック」はロックと言ってるけど内実全部プログレだった。〆はこのビートルズだった。これもプログレ、と言うか「そうそう、この曲こそ流線型プログレの祖形だよね。この曲を頭のどこかで意識しながらこのカセット聴き進めてたよ」って改めて思う。