Yes "Tales From Topographic Oceans"

80分の大作がいきなりヴォーカルで始まるのが最高にかっこいいと思った。

私はプログレのCDをあまり買わない人だった。叔母の書斎でアナログ盤を聴いて過ごして判った気になってたし、メジャーどころについては、熱意のピークが、自分でCDを買い始めるタイミングとずれていた。Yes の Rhino からの2003年リマスター再発も "Relayer" しか買ってない。

なので、2分間のイントロが付いたヴァージョンの "Topographic Oceans" を知ったのは、実はごく最近だった。Wikiによると、その、2003年リマスター時に付いたもの。

いきなり歌い出すヴァージョンもかっこいいし、イントロ自体も深く沈潜するアトモスフィアづくりに有効な導入だし、どっちもアリ。

 

とにかく重要なのは、このイントロを聴くことで、Yes の音楽の構築性を再認識できた、ということ。

すなわち、

f:id:shinkai6501:20171230132143p:plain

ギターパートに現れる e - dis - h - d - cis - a の音形は、3分33秒目に華々しく提示される主要モティーフを先取りしてる。

もちろんこれは2分目以降にもう一度同じ形で出て来るものだ。なのだが、旧ヴァージョンで、ヴォーカルのバックで奏されるのを聴いてるあいだは、アドリブで適当にやってるものと思い込んでた。最も重要なモティーフを厳格に提示してる箇所なのに。

 

私はこの第1曲 'The Revealing Science Of God (Dance Of The Dawn)' と、第3曲 'The Ancient (Giants Under The Sun)' がとくに好き。つまり 'Ritual (Nous Sommes Du Soleil)' の、ノリ重視の、勢いでやっつけた感を好まない。4曲中、ライヴで最もやられる曲だし、人気曲なんだろうけど。

いつの話題だったか、このアルバム再現ライヴで、'Ritual' だけ縮小版でやるという話に、さもありなんと思った。スクワイア無しでこの曲をやってもなあ、と。

 

このアルバムは、アイデアの異常な豊富の反面、茫洋というか冗長というか、例えば(イントロ込みのデュレイションで)4分43秒目からの4分間の停滞が、謎。

ウェイクマンのこのアルバムへの不満理由のひとつ「長すぎる」というのも、4曲で80分LP2枚組という絶対時間での長さであるより、「冗長」への不満だったのでは(勝手な想像)?

彫琢、密度上げの余地はあったと思う。

 

ちなみに前述2003年 "Relayer" の 'The Gates Of Delirium' のリマスター処理には不満がある。

この曲、最後、ディミヌエンドで終わると、バックでかすかに鳴ってるブームノイズが現れるんだけど、リマスターではこれを除こうとする行き過ぎたノイズリダクション意識のせいで、曲自体がフェイドアウトで終わってる。曲自体を損ねる処理を私は受け入れられない。

 

以下、本当に他愛ない喩え話なんだけど。

プログレに「ベト7的位置」のナンバーというのがある。命名は私。

「単純」と「勢い」で、一面性を敢えて辞さずやっつけた「潔さ」の曲。

Genesis の ’Watcher Of The Skies'、Yes でいうと 'Roundabout'、そして 'Ritual'。

ベト6「田園」だけ取り出して論じる価値はない。第5番 Op.67 の次の第6番 Op.68 だから面白い、というだけで。

Yes でいうと 'And You And I' は「田園」的だ。これだけ論じてもしょうがない。Yes の音楽の「中核」で、その意味で「ベト5」的な 'Siberian Khatru' と並んでるから面白いのであって。

"Topographic Oceans" の第2曲 'The Remembering (High The Memory)' はまさに「田園」だ。愛して已まないし、浸りきって豊かに時間を過ごすけど。「音楽的内実」と「好き嫌い」とは別な場合もある、という話。