昨日の続き

昨日のドビュッシーのヴァイオリンソナタの話の続きです。

第3楽章では、16分の9拍子の性急な舞曲が繰り広げられます。

 

f:id:shinkai6501:20170630082250p:plainetc.

 

フィナーレの最後、ピアノパート B´ は、パッと聴き、この舞曲のヴァイオリンパートを受け継いでいるように聴こえます。

 

f:id:shinkai6501:20170630082123p:plain

 

ところが、さっき気付いたんですが、これは寧ろ第1楽章冒頭で提示される主要主題に発してる。

A´ が↓の譜例の の変形であることは昨日書きましたが、 B´ は の変形なわけです。

 

f:id:shinkai6501:20170630082102p:plain

 

ということは、16分の9拍子の舞曲のヴァイオリンの音形、出だしの g→a→h→c という動き自体、そもそも主要主題に発してると見るべきだ、と今更気づいたのでした。