エストニア・プログレ(カケレコさんの御記事)

kakereco.com

「バルト3国」と一括していうけれど、ラトヴィア、リトアニアはスラヴ-バルト語派、エストニアはフィン-ウゴル語派。

このカケレコさんの御記事、視聴動画にはヴォーカル曲も2曲ありますが、たしかに歌詞の言語がスラヴとは違う響きに聴こえます。

エストニアは(御記事にもあるとおり)「東欧」という区分なのでしょう。

ただ、音的に、各バンドに共通して、例えばラトヴィアのバンドなどと違う、独特の透明感を湛えていると感じます。それを以て「北欧的」といっていいのかは判りませんが。

「バルト3国」の中でのエストニアの独自性、「スカンディナヴィア」の中でのスオミの独自性。寧ろエストニアプログレをペッカ・ポーヨラやアンシ・ティカンマキの文脈で聴いたりして。