読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「おばさん」の定義

テレ東の「Vの流儀」をよく見てた。

Wikiによるとこの番組名での放送は2010年10月5日~2012年3月27日なので、もう5~6年前か…(Wikipedia「ロック兄弟」の項。ちなみに私は「ロック兄弟」という番組名を今回初めて知った)

V系がものすごく好きという自覚はなかったが、毎週見てた。つまり「依存症」「ハマる」。

ムックとカイキゲッショクは好きだった。

 

各バンド独自の音楽性があるんだけど、サビはどのバンドも同じに聴こえた。ポップさとか、コード進行とか。

CMの時間には、各バンドの新曲の15秒CMがたてつづけに流れるのだが、使われるのはサビの部分だから、全部同じに聴こえてしまって、惜しい、と思った。

 

 

メタルに詳しい方とご一緒して、新しめの曲を聴かせて頂くことがある。

決して嫌いじゃないんだけど、どれも同じに聴こえてしまう。

作曲としても、リフの作り方とか、「デス声」と「クリーンヴォイス3度ハモり」を交互にやるとか、なぜこうも自ら型に嵌まりたがるのか?

サウンドプロダクション的にも、音圧とか質感が、千篇一律だ。

 

と感じるのは私の側の問題で、部外者だからだし、注意深い聴き手じゃないからなんだろう。

型に沿いながらの、その中での差異。そこに気付けない私が「おばさん」だということなんだと思う。