読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめての超常現象

(2015年11月06日、記)

 

 

UFOひとつ幽霊ひとり見たことがなかった。

今日初めて超常現象に遭った。

サンドイッチが消えた。

冷蔵庫にしまって、数分後に開けたら、無い。

 

 

買わなかったのかも?

セブンのレシートを見る。

「たっぷりシーザーサラダサンド」

たしかに買った。

 

持ち帰らなかったのかも?

買って帰ったものを選り分けながら、

「あ、迷ったけど私けっきょくサンドイッチ買ったんだアハハハ」

と冷蔵庫にしまったのが印象に強く残ってるから、たしかに持ち帰った。

 

食べちゃったのかも?

冷蔵庫を離れて、別の用事(お惣菜を食べるという用事)を済ませて間をおかず冷蔵庫にサンドイッチを取りに戻った、そのどこにもサンドイッチを食べるための時間は作れない。

初挑戦の「たっぷりシーザーサラダサンド」なので、食べればなんらかの印象を持つはずだし。

食べたことを忘れても、包装紙は残るはずだし。

 

冷蔵庫にしまったのではなかったのかも?

いったんしまったけど、やっぱ今食べようと思い直して部屋に運んだのかも。

食卓に置いた可能性、食卓に運ぶ途中で咄嗟の挙動でどこかに置いた可能性、置いてそののちはずみで落っこちた可能性、とにかく部屋中くまなく探したが、無い。

 

私は実は多重人格者で、別の私が食べて、なおかつ証拠を隠滅したのかも?

これについては検証のしようがない。可能性を否定できない。

 

 

同居人はいない。

泥棒も入ってない(サンドイッチ泥棒ってロマンティックだけど)。

 

 

ただ、部屋をくまなく探す過程で、床に100円玉を1個と、クローゼット(探しあぐねてそんなところまで見たのだ)の、トイレット12ロールの向こう側に落ちて忘却されたトイレ用スリッパ(108円相当)を見つけたので、「たっぷりシーザーサラダサンド」の値段¥298(税込)の70%くらいは回収した。

 

 

消えた、とはどういうことか?

この世界から無くなったのか?

この世界の、どこか別の場所に移動したのか?

 

ピグにはまりすぎて、ピグの世界がこの世界を侵食してきてるのか。

この世界には運営さんがいて、無くなったのならヘルプから報告して補填してもらうとか、

どこかに移動したのなら、リロードして、部屋が表示されるのにかかる時間とサンドイッチが表示されるのにかかる時間との差を利用して見つけるとか。

 

やっぱ、

「迷ったけどけっきょく買ったんだアハハハ」

がマズかったんだろうな…

必要とされて買われてきたんじゃないんだ、と、拗ねた彼(サンドイッチ)が自ら身を引いたのだ。

 

 

この世界というのは、こういう現象もたまに起こるところなのだ、と受け容れれば、楽しいし。

そだ、トイレ用スリッパといえばもうひとつ超常現象があった。

トイレのスリッパが、3回に2回くらい、左だけ裏っ返しになってるのだ。

「妖怪・トイレのスリッパ左だけ返し」が住みついてるようだ。

この妖怪は、フォーチュンドロー更新の午前0時が迫ってて私の気が急いていたり、町中「ヒガシフーズ体にやさしい五穀スープ4食入」探しに奔走して私の足が疲れて動作が緩慢になってたりする隙をついて現れるようだ。

 

算数の、計算ミスとはなんだろう?

答えを間違えて、あとから検証すれば、ここでミスった、と指摘できる。

でもその計算をやってる最中は、正しいと思ってやってて、そこには真実があるのではないか?

この世界に行なわれてる計算の公理定理が、その真実を拾う術を持たないだけなのではないか?

その「もうひとつ、あるいはもういくつかの真実」を排除することで成り立ってるこの世界、その排除されたものが、ときにサンドイッチの形をとって、忽然と消えて見せるのではないか?

 

 

セブンにリヴェンジに行ってきます。今度は消える前に食べる。