論(ま、どうにか落としやす)。

Angeは3rd. "Au-delà Du Délire" (1973)、4th. "Émile Jacotey" (1974)、6th. "Guet-Apens" (1978)の3枚しか聴かずに来て、ソリッドな4th.が最高作なんだろうと思ってた。

わりと流通してた順に聴いたわけだが、さいきん、聴きそびれてた1st.、2nd.、5th.こそ面白いと判って狐につままれ中である。

 

今朝は5th. "Par Les Fils De Mandrin"をつべで聴いてた。

フランス、ケベックなどフランス語圏のプログレは空耳の宝庫、といいつつ、以下、無理が多い。

www.youtube.com

2'00"~「Suica無い 三本木でおしまい」

 

www.youtube.com

0'36"~「ドリフ目指しとんですわ どうせフラフラしてるのは 本当で」

4'03"~「秋刀魚寿司出ます」

5'25"~「パープラリン安倍君を避けたのは 女性騎士団それって損保府中 ラオウ女性で怖」

 

www.youtube.com

0'25"~「おかしいじゃないこれ」

0’39"~「イチロー出たらまあ殆んど天ぷらとかフィレ豚汁 ねえオカン バンバンに肥えてるね」

8'05"~「江戸から来た姐御B」

8'13"~「禿は僧 雲水僧に枝毛無え」

11'18"~「昨日プロレスよ 小便を垂らすよ 椅子から瓶に」

11'33"~「選び取るか あいぽん

 

論、ま、どうにか落としやす。