読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アッー!

(2016-09-03 記)

 

 

前回「母音、または子音+母音、または『ん』で1音節」と書きながら、気になることがあった。

 

「っ」は?

 

促音は、長さとしては、1音節分を占める。

これって、1音節と数えるしきたりなんだっけ?

 

促音は、後に来る子音を先取りして、1音節に相当する長さ、その状態を保つ。

なので、表記としては同じ「っ」でも、その時の唇の形や舌の位置は、いろいろです。

破裂する子音を先取りする場合は、破裂のスタンバイの状態で、無音を保つ。

「きってkitte」「きっぷkippu」

引き延ばされる子音を先取りする場合は、その子音を延ばす。

「きっさkissa」

 

(「アッザーン」という場合、「ザ」はたぶん「za」ではなく「dza」で、「azzzzaːn」と「z」を引き延ばすのではなく「adddzaːn」と「d」の破裂を待機して無音になると思う。)

 

問題はナ行とマ行。

鹿児島弁は促音が多く、「きつね」は促音化して「きっね」となる。

後に来る子音を先取りして、「kinne」。

「きっね」と「きんね」は同じ音、ということです。

 

語尾に来る「っ」は、その時の唇の形、舌の位置を指定できない。

 

「あっー」は、発音不可能、または「あーっ」の誤記、と言われがちだけど、そうか?

「ー」はその長さで指定された分、先立つ音の状態を続けろ、という記号だから、「っ」を続ければいい。

こうです。

f:id:shinkai6501:20160924223249p:plain

ネットスラングで「アッー!」というと、特定の意味になってしまうようだ。

この場合、問題は「!」が付いてることで、つまりこうです。

f:id:shinkai6501:20160924223354p:plain

この記譜は無意味だ、と思われるかもしれない。

でも作曲で、休符にアクセントを付したり、タイで繋いだり、あるいはテヌートを付したり、ということをしたくなる場面は、じっさいある。

 

「休符にスタカート」があり得るか、判らない。