読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天野浅草会館

日記

(2015-12-20 記)

 

 

緩い起伏の、真っ直ぐでない道、緑が多くて建物がまばらなのは、ここが郊外だからなのか、街中の一角の大きな公園だからなのか。

高校生とおぼしき紺のブレザー姿の女子が一人で歩いてる以外、人通りが無い。

私は彼女から遠ざかる方向に歩いていたが、彼女の方から私に近づいて来て、

 

『あまのあさくさかいかん』はどこですか?」

 

と尋ねてきた。

知らない、と答えると、そこで今日〇〇があるんですよ、と何かのシンポジウム名を挙げた。

そこで何かの発表をする為に、地方から出て来て、道が判らない、というふうだった。

私は手ぶらだった。ノーパソあったら調べてあげられるのに、いや彼女こそケータイ持ってないのか?

 

2度目だ、と思った。

先日も、別の、高校生とおぼしき女子が1人、街中で同じ質問を通行人に投げかけているのを目撃していた。

 

家に戻るとTVで朝ドラやってて、セリフ中にしきりに「あまのあさくさかいかん」の名が出て来る。

PCでこのワードで検索すると番組HPがあり、注意喚起(というよりもっと緩いスタッフの逸話)があった。

 

高校生女子たちは、どうやら友人達に、ドラマの中の施設名を実在のものとして教えられ、真に受けて出掛けて来てしまったようだ。

この悪戯が最近流行っているらしい。

今日の女子はショートヘアの優等生風で、真面目で純朴で、他人を信用しがちな印象だった気もする。

 

さらに検索しようとするが、タイポを直そうとしてBack Spaceキーが利かないのでよく見ると、検索窓に表示されてる文言は何かの広告で、私の入力が見えない。

確認できないままでも実行すればいいんだけど、私は私でタイポを連発して、困難を窮めたところで、

 

 

 

目が覚めた。

 

検索してみた(ここからは現実です、たぶん)。

 

「あまのあさくさかいかん」

 

無かった。

 

 

 

追記

 

 

歩くシーンでは連れがいた。

 

私は見かけた女子から、敢えて遠ざかる方に進んだ。

若い子に対しては、何かのコンプレックスと、話の通じない存在としての怖れがある。

彼女を嫌ったのではなく、自分を、彼女にウザがられる存在と決めつけた。

話しかけてきた彼女は、気さくだった。

社会参加の姿勢が、私の若い子像を修正した。

 

連れは、古くからの付き合いで、私の心の動きを見抜いてい(るという設定だっ)た。