感動を繋ぎ止める

(2015年6月16日、記)

 

 

新たな感動を欲してる時に、

 

Youtubeで未知の曲を探すか、

②昨日聴いてブクマした曲をもう1度聴くか、

 

同じ曲を聴けば、同じ音が聴こえ、同じ感動が起きるわけではない。

毎回新しい、その時だけの体験だ。

「一回性」は①をも②をも等しく支配する。

 

 

つまるところ、CDやブクマで、手許に、いつでも取り出せる状態に置いておくことで、いったい何を繋ぎ止め得ているのか。

 

感動と思ってるものは本当に感動なのか。

既知の感動の追体験なのではないか。

いま体験してるというより、ここでこの音を聴くとこういう感動が起きる筈、という約束事をなぞって、思い出してるのではないか。

感動してる自分を、一歩引いて見てる、しらじらしい距離感。

 

リアルタイムの、ライヴの、まさにその只中にいて、「私は今感動している」という意識もない、本当の「感動」を、私は今までそう幾度も体験した気がしない。