音楽

ギターにおける利き手

右手は弦をはじくことに、左手は弦を押さえることに、本当に適してるのか?私は右利き用のギターでしか練習したことがないので当然と思い込んでるけど。 例えば右利きの私が左利き用のギターで練習したとしたら、上達に限界があったり、何か不都合が生じたり…

Alwa そのほか

これ(2002年) www.youtube.com が、これ (1972年) www.youtube.com を思い出させずにおかない。 Alwa の意識に Neu! があったかどうかは判らない。 片やスウェーデンのトラッド、片やクラウトロックではあるが、思えば Neu! 曲のサイケ的「ドローン上の…

逆にイギリス的

話し始めが必ず「違うんですよ」の人がいて、何と何が違うんだろう?と面白かった。 私自身「逆に」と言いがちだ。逆じゃないのに。接続詞ではなく感動詞 interjection として。 昔の理科年表では、光速の値が、今の定義値と微妙に違うだけでなく、最後に「±…

Picchio Dal Pozzo

www.youtube.com 0'39"~0'54"、1'25"~1'40"、8'04"~8'18"。 ソプラノとアルトが拍のオモテ、ギターがウラ、コテカン的に交互にやる箇所。 いや、サックス陣!そこスタカートでやっちゃ意味ないだろ! ギターがテヌート気味にやってる分、余計にちぐはぐだ…

芸術は憧れる

「音楽家は自意識が言葉でなく音で出来ている、と言えるか」 との吉本隆明の質問に、坂本龍一が 「言えない」 と結論づける、みたいな件が出て来るのは、村上龍「気ままにいい夜」(TVのトーク番組の単行本化)だったか? 数学の天才って、もしかして、数を…

The Who と Genesis の影響関係って?

"The Lamb Lies Down On Broadway" が、たった1年前の "Quadrophenia" に全く影響されずに済んだとは思えない。 2枚組コンセプト・アルバムなこと。青年の遍歴がテーマなこと。 "Quadrophenia" のあの明確なライトモティーフの設定とその処理が "Broadway" …

Garamond "Quant'altro"

どうしても取り上げておかねばならないという使命感を以て。 このバンドについては情報が極端に少ない。 これでもかのてんこ盛り楽想と狂気のユーモア。シリアスな作曲とシアトリカルな楽しさ。過不足ない演奏力。女性ヴォーカルの魅力。 レコメン~ R.I.O. …

過去ツイ(大好きな動画)

わあ大好き。そうそう、こうやってリズムは生成される。 https://t.co/dt6DWvLaFr — 新海智子 (@coccyx_T) 2016年3月14日 今まで聴いた曲の中で1番理解に苦しんだのがこれ pic.twitter.com/xu122cx4Zx — 小針 侑也 (@yuyakobari_pf) 2016年3月14日 もう、こ…

音楽に政治を…

もう一度だけ書く。整理して書ける気がしたので。 私は、音楽に政治を持ち込む「べきでない」と言ってるのではない。 音楽に政治を持ち込むことは「不可能だ」と言ってるのだ。 音楽に政治を「持ち込むな」ではなく「持ち込めるという嘘をつくな」だ。 音楽…

音楽は求道(ぐどう)

音楽が「社交」なんかであってたまるか、という思いが根本にある。 私の、クラシックの演奏会ドレスや燕尾服への違和感の理由。 私は音楽「を」生きる。演奏会ドレスを着ることは、音楽「で」生きることだ。 むろん、「ファッションはダサい」のは、パンクで…

協奏曲

「天才」について考える。 作曲家を評価するのに、私はこの語を使わない。天才と呼ぶことで、その作曲家のどこがどう天才なのか言い当てるのをやめてしまう。 でもまあベートーヴェンは天才なのでしょう。彼の創作の中心はピアノ・ソナタと弦楽四重奏曲と交…

メモ(線の絡み合いの音楽)

いつも音楽について考えるヒントを下さる @fomalhaut 氏の御ツイートを、またリンクさせて頂きます。 音程感を伴わない音程の無断変化を再現出来る楽器の存在は風の音の変化を聴いていると必然に満ちていると感じる。 — Yasushi_SAKAI (@fomalhaut) 2018年4…

#コンビーフの日

「4月6日の『コンビーフの日』は1875年同日にアメリカで枕缶の特許が認められた事が由来である」(Wikipedia「コンビーフ」) こんにちは、マック・ラカンです。 コンビーフと枕缶は1対1対応で結びついてるし、枕缶を以てコンビーフと認識するし、もしコンビ…

#ヘアカットの日

歴史に残る有名なフレーズとかではなく、むしろ些細な小節なり楽節、メロディやアレンジが、どういう経緯でか印象に残ってる、ということがある。 これ www.youtube.com の2分57秒目~もそう。 もともと私はロック・ファンというより、ロックの中にプログレ…

モテたい

ドビュッシーより、ラヴェルについて書くほうがモテる気がした。 「ステファヌ・マラルメの3つの詩」成立の経緯については、この記事 shinkai6501.hatenablog.com で触れた。 ストラヴィンスキーはベルリンで実際に「ピエロ・リュネール」を聴いている。「い…

#エイプリルフール ②

エイプリルフールは今年から4月2日に変更になったのに、なにみんな今日から嘘ついてんの? 音楽は、というか文化一般は嘘です。 音楽の直接性・同一性という嘘はつきたくない。 音楽の真実は、音楽そのものとしての真実。嘘であるという真実。 当ブログを「…

#エイプリルフール

私は嘘をつかない。 私が嘘をつかないのは、嘘をつきたい欲求が無いからで、倫理ではない。 音楽は私の生そのものなので、パクるとか、他人の力を借りるとかして何かを成し遂げても意味が無い。 つまり、私が嘘をつかないというのは、何かを成し遂げるための…

脳裡をぐるぐる

数日前から曲の一節が頭に浮かんで、何の曲だか思い出せなかった。 プログレといってもポップ寄り(クラシックの素養もありつつ)の、スタイリッシュでシニカルな、10cc か Supertramp か、さもなくばこれ www.youtube.com の1分06秒目~ 的な、いずれにせよ…

ドビュッシー没後100年

ドビュッシー没後100年は3月25日だったのですね。 当ブログがいちばん頻繁に言及してる音楽家なので、記念日に託けて殊更改めて書くネタを持たないのですが。 ドビュッシーの意義はまず何よりも、「音楽」を包摂しそれを成り立たせている広大無辺の「音」の…

解決しました。Scarborough Fair

以前この記事 shinkai6501.hatenablog.com でお訊ねした2曲のうち、Scarborough Fair について、原曲が判りました。 ピグの知り合いの がるう さんの情報を、共通の知り合いの b2 さんが言づてて下さいました。 お二方ありがとうございます! それによると、…

カラヤン

下書き保存の書きかけを、こちらの御記事 ameblo.jp に刺激されてひとまず書き上げることが出来ました。ジャックさんありがとうございます。 「帝王ブランド」への固着は、高品質を維持しつつ量産する体制の固定化、でもあるのでしょう。そうすることで何が…

Peter Gabriel 'Games Without Frontiers'

こちらの御ツイート まあでもビートルズのStrawberry fields foreverは、どんなに頑張ってもオリジナルより面白くはなりそうもないという点において、もっともカバーしづらい曲の1つだとは思う。しかも真似すりゃいいってもんでもないし。好きな曲だからやる…

#懐かしい事を言って下さい

今までさんざん書いてきたことだけど、 shinkai6501.hatenablog.com 私に欠落してるのは「懐かしい」という感情だ。 曲にせよ出来事にせよ、私でも「思い出す」ことはするが、懐かしいという感情とともにそれをすることが皆無だ。 拙ブログを検索すると「思…

ルマンドアイスおいしい

shinkai6501.hatenablog.com この記事で、ルマンドアイスにおいて、ルマンドとアイスとを 《分けること乃ち低エントロピーを貴ぶこと》 と書いたんだけど、これを完全に行うには、ルマンドとアイスとを別々に買ってきて別々に食べればいい。 ① 「ルマンドア…

Minsoo Chang - Die Taten

www.youtube.com 楽器によらない音が、音楽に取り込まれて、楽器の音と平等に扱われてる、とも聴こえるけど、 私は逆に、 (もともと、作曲の作為・演奏の作為への「うしろめたさ」があり、自然の音のありように憧れるのだけど、) この曲では、作為が作為の…

開放弦

開放弦の響きが好きだ。 私はエルガーを「ちゃんと」聴いてなかった。 さいきん「威風堂々第1番」をちゃんと聴く機会があって、腰を抜かした。中間部のゆるやかなアンセム風のメロ、ヴァイオリンが奏する主メロが、最後の音に差し掛かった時。 このメロはト…

ディジュリドゥ カンテレ

ディジュリドゥ didgeridoo、didjeridu は、私自身の固定観念からすると、また西洋の楽器分類の慣習に照らしても、管楽器だ。発音原理上の分類は金管楽器。 これが、アヴォリジニのあいだでは打楽器に分類される、とむかし聞いた。咄嗟に腑に落ちなかったが…

Yes "Tormato"

Yes "Tormato" は収録曲が創意に満ちた佳品ぞろいで好きなアルバム。 ただ、サウンドプロダクションに芸が無いというか、ストレートな各楽器の音がステレオ空間のどこかにただ定位されてるだけ、みたいな出音には戸惑った。デモっぽい。 長尺曲が無いことと…

Yes から1曲選ぶとしたら

子どもの頃はリズムに興味が無かったし苦手だった。 メロや和声の流れの美しさや、音色(オーケストレイション)の美しさが、私にとっての「美」だった。リズムの快活さや「フィジカル」な「ノリ」は軽薄なものとして寧ろ蔑んでた。 音楽美とは、この世なら…

桜餅はプログレ

今年最初の桜餅を買った。 桜餅ああ桜餅桜餅(桜餅は春の季語) そのお店では「桜餅」と「道明寺」を売ってた*1。 これは我々アズマビト的に、正しい、というより正誤意識以前に「あたりまえ」の、分類、桜餅観だ。 [fig. 1] これが、こう [fig. 2] で、我々…