2016-09-24から1日間の記事一覧

プログレという既存のスタイルの踏襲はコンサヴァである

(2016-07-27 記) 前回、端折りすぎました: shinkai6501.hatenablog.com つまり私の問題意識の在処は、 アネクドテンは1970年代キング・クリムゾンのスタイルをなぞったようなバンドで、これの登場を以て「プログレ復活」と言っていいのか? です。 70年代…

アングラガルド贔屓

(2016-07-25 記) アネクドテンがデビュー当時どういう受け容れられ方をしたか知らない。 プログレが1970年代終わりにいったん済んだ時、じつは意識的な聴き手は必ずしも絶望はしなくて、イーノのプロデュースするトーキング・ヘッズからディーヴォ、そして…

今日はチンチン電車の日

(2016-08-22、お題「チンチン電車見たことある?」に沿って) vimeo.com Toshiya Tsunoda and Haco "The Tram Vibration Project" December 28, 2006 この動画はHacoさんが2014年1月にアップなさいました。 当時の私の感想は、以下です。 「映像を見ながら…

DAT、カセットテープMTR

(2016-01-26、お題「カセットテープって知ってる?」に沿って) サウンド&レコーディング・マガジンのサイトが、1月12日付で、ボウイを追悼して、2003年8月号掲載のアーカイヴ記事を再掲していた。 トニー・ヴィスコンティへのインタヴュー記事。 【デヴィ…

Gordon Haskell "It Is And It Isn't"

(2016-02-08 記) Gordon Haskell の2nd.ソロアルバム "It Is And It Isn't"(1971年)をつべで聴いた。 King Crimson のベーシストとしてヴォーカリストとしてだけ知ってて、どちらとしてもよく解らなかった人だが、彼はまず何よりもソングライターとして…

メモ(プログレ)

(2015-12-02 記) 1970年にプログレッシヴ・ロックという言葉が発明されたことが、その後の流れを捉えるのに役立ったか、さらに積極的に、ぎゃくにこの言葉が流れに影響したか。 もしこの言葉が生まれてなかったら。 私個人としては、それぞれの個性が、1ア…

記憶の記録

(2015-08-03、ある方から「記憶の記録」というお題を頂戴して。但しリクエストに沿う解にはなってない) 生まれながらの音楽家、という方もいらっしゃるんだろう。 屈託なく心の底から音楽を愛してて、音楽の存在意義に疑いを差し挿む余地があるなどと思っ…

アメーバさん新ロゴマーク

(2015-09-25 記) アメーバさんの新ロゴマークを見て真っ先に頭をよぎったセリフは、 「こんなのデザインじゃない!」 だった。 私はもちろん素人で、デザインについて明確な定義も理念も持たない。 その私が、正しくこの通りの言い回しで感想を持ったのは…

「一緒にいたい」

(2015-07-21 記、に加筆) ごく図式的にいって。 「一緒にいる」ことと「一緒にいない」こととの関係。 2択において、対称というのか、私は用語がよく判らないけれども、どちらが選ばれる可能性も同じくらいに見込まれる場合がある。 「Aさんと一緒にいる」…

ラヴェル「マ・メール・ロア」私見

(2015-05-08 記) 私見です。 Ⅰ. マ・メール・ロアは、オーケストラ版で、かつ「組曲」でなければならない。 なにも、「全曲版」の、あとから書き足された「前奏曲」「紡車の踊り」「間奏曲」が劣るというのではない。 全く逆。 むしろそれらに、ラヴェル…

昔の私は

(2015-07-06 記) 「音程関係」が表現の道具たり得ることを広義の「調性感覚」と言えるなら、それは引き続き重要だった、というかむしろ、「無調」の音楽にあっては、よほど、その感覚を瞬間瞬間に対して鋭敏に働かせることが要求された、とは思います。 無…

大喜利における「ボケ」と「ポエム」

(2015-06-08 、記) (お題に一言ボケて byアメーバ大喜利) 形式として「ボケ」じゃなくて「ポエム」だから場違いでいけない、というのではない。 むしろ「こうあらねばならない」という制約を壊していくことが即ち「ボケ」の本質のひとつだ。 私が容認でき…

大喜利

(2015-06-17 記) (お題に一言ボケて byアメーバ大喜利) 夕方なんの考えもなく軽率に投稿したやつが、全国人気に入り続けて、目下441枚頂戴してる。 有難いけど申し訳ない。 片や、それなりに周到に考えたし、私の考える「ユーモア」に合致するやつが、5枚…

イギリス

(2016-04-07 記) 先月半ばから折に触れ思い出し、フロアで掛けたいと思ってた曲があって、でも咄嗟にその曲を含むカンタータ?オラトリオ?のタイトルを思い出せず、フロアにいればそこでの音楽に集中せねばならずで、その都度忘れてた。 「復活祭オラトリ…

タイトルを入力してください

(2015年06月26日、記) 詩に題をつけるなんて俗物根性だな ぼくはもちろん俗物だけど 今は題をつける暇なんかないよ 谷川俊太郎 タイトルを付けることは恥ずかしい。 という意識は、作家全員が捉われ苛まれるものと思ってた。 タイトル付けに、便宜以上の、…

「いのち」という名のゲーム

(2015年09月27日、記) 3段オチです(予告)。 ピグライフのスタブロのコメ欄で「動物のえさやりがめんどくさい。一斉にやれる仕様に変えてほしい」というコメを目にした時、返信差し上げてしまった。 およそ次のような。 《とても悲しくなるご意見です。 …

楽しむ能力

(2015年09月26日、記) ピグ4ゲームでの私の基本スタンスは「与えられた条件下で如何に工夫するかにゲーム性を見出し、楽しむ」です。 スタブロに多いグチコメ(その多くは、システムにケチ付ける前に自分が工夫しろよ、と言いたくなるもの)を見て私が抱く…

ストラヴィンスキー・火の鳥・大団円

(2015年12月21日、記) 1つの記事に複数のサムネを嵌め込むテストです。 以前これをアメーバピグのチャンネルフロアでお掛けになる方があった。 Echolyn 'The End Is Beautiful'。 冒頭イントロと、4分51秒目~、5分53秒目~に、ストラヴィンスキー「火の鳥…

私の中だけの関連②

(2015年12月26日、記。アメブロで書いた「私の中だけの関連①」は David Sylvian 'Pulling Punches' と美尾洋乃「月の果実」についての記事でしたが、はてなに再録しませんでした。 この「②」は shinkai6501.hatenablog.com の補足です) 'The Cinema Show' …

「ザ・シネマ・ショウ」NG判定

(2015年12月24日、記) Genesis 'The Cinema Show'、"Selling England By The Pound" 所収。 かつてわれ、男なりき、海の如猛りぬ。 かつてわれ、女なりき、地の如育みぬ。 地の至福は、まこと、海の快楽に十倍するところなり。 この曲、初めて聴いた時から…

T.Sasaki「係りあう断片3つのうちの2つ」

(2015年12月29日、記) soundcloud.com 特に前半(1つ目の断片)が、ぱっと聴き急進的だけど、モードはまたもほぼコンディミに収まる。 なのでキモは「符割」。 音高は、上行か下行か、跳躍か順次か、くらいしか問題にされてなくて、しかもそれは符割と結び…

Henry Cow 'Waking Against Sleep'

(2016年04月12日、記) Fred Frith 曲。 Henry Cow のアルバム "Western Culture" レコーディングセッション時(1978年7~8月)に録音されたが、このアルバムには入らず、Frith のソロアルバム "Gravity" が1990年にCD再発された時にボーナストラックとして…

基礎実験

音楽と感情との間に関数は存在しません。 音を持続させるとか、その持続をクレッシェンド/ディミヌエンドさせるとかは、感情ではありません。 soundcloud.com この基礎実験の冒頭部分は、強さも長さも等価の「点」が集まって持続を作ってます。 点の集まり方…

夢2016年8月22日

間取り的に以前住んでたアパートの自室。 冷蔵庫にアンパンを見つけ、持ち出して部屋へ。袋から取り出そうとすると包装ではなくポシェットで、アンパン本体の他に、小さな剥片1個が見えるが見失い、ポシェットを逆さにしてはたいてみたり。ポシェットは叔母…

エジプト女のためでなく

soundcloud.com 「失敗」と断じてうち捨てたスケッチを打込んでみた。 10年前の私の音を「解読」し、その意図を「解釈」しつつ、しばしばツッコミ衝動に駆られ、という以前に何考えてるのか解らない。 作曲の課題が何だったか、いろいろ思い出してきた。 そ…

改作のワルツ

(2015年10月28日、記) soundcloud.com これをアップするのは、アメーバピグ「ブンゴールの不思議な城」エリアの音楽の、チェレスタのアルペジオを聴いて、これの1分28秒目からの4小節を思い出したから、というだけの理由です。 前半1分間は1996年頃書かれ…

T.Sasaki「スパイキッズ2006」

(2015年11月11日、記) soundcloud.com ネットに接続する以前、CD選びは、紙媒体で、レヴューやジャケから、勝手に幻想を膨らませて、勝手に裏切られたものです。 私などは舌打ちをするばかりですが、イメージと違った時、イメージ通りのものを代わりに自分…

弘法は筆を選ぶべきか?

(2015年11月10日、記) soundcloud.com KORG01/WFD(ハードシンセ)1台の中で全工程を完結させることは、美学ではない。怠慢だ。 S氏の曲。ぜろわん君1台でここまでやって凄え、とは思う。 いっぽうで、機材刷新でクリアできることはさっさとクリアして、そ…

quest for the reason of 「副産物」

(2015年11月09日、記) soundcloud.com 殆ど無視してた曲。 パッと聴き、もごもごと独り言を言ってるような曲で、ほぼ印象に残ってなかった。 ハープが曲の骨格を作ってるけど、線が細く貧相で、ヴェロシティのエディットに彫琢が無い、という第一印象だっ…

T.Sasaki「厚地」

(2015年11月08日、記) soundcloud.com 以前アップした「パラボラは空に属す」(→ユーモア即感動 - 轟音に耳を澄ます )が、S氏の曲としてはポップで、偏った紹介に気が差すので、ちがう曲調のを。 ポップだったというのは、既存の手法を援用するのを厭わな…